道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤツデの花と実

<<   作成日時 : 2010/01/27 11:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

ヤツデ (Fatsia japonica (Thunb.) Decne et Planch.) はウコギ科の植物で、本州の山形、福島県以南、四国、九州、琉球列島の海岸林に生える(週刊朝日百科「世界の植物」)とあります。しかし、私が散歩で目にするヤツデは、公園、歩道脇などに植えられているものです。

実際、ヤツデは庭木としてよく使われています。天狗の団扇みたいな形の大きな葉と大きな円錐型の花序により、たいへん特異なすがたですが、他のいろいろな庭木と比べても、それほど目立つこともなく、むしろ地味に庭園に収まっていることは、ちょっと不思議です。

ヤツデの花はあまり注目されないと思いますが、よく見るとなかなかおもしろいものです。花は両性花で、晩秋から初冬に白い5弁の花弁が開き、円盤状の組織(花盤)の周縁に5本の雄しべが並び、花盤の中央に雌しべが見えます。ヤツデの花は雄しべが先に成熟し、雄しべが役目を終える頃、雌しべが成熟すると考えられているようです。雌雄のどちらかが先に成熟する花を雌雄異熟花と言い、雄しべ先熟花と雌しべ先熟花がありますが、ヤツデは雄しべ先熟花ということになります。これは自家受精を避けるための植物の工夫と考えられています。

今の季節には、ヤツデの実はまだうすい緑色ですが、春になると黒く熟します。実の中には扁平の種子が数個できています。

球形に並んだヤツデの花や実の集合は、意外にアーティスティックな被写体と思いました。


画像

中:12月中旬
中:雄しべが成熟;右下:雌しべ成熟へ移行?



画像

12月中旬
雄しべが成熟



画像

12月下旬
雌しべがはっきり見えるが、
もう実になっているのかも知れない



画像

画像

最近の実の状態
まだ淡緑色、春には黒くなる



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
花をきれいに撮られましたね。
ミルククラウンみたい。(ミルクを落とした時の形ね)
ウドもこういう花でしたっけ?
こちらウドが多いので頭が混同します。
でも葉っぱを見たらわかりますね^^
今の実は緑かな?
緑を見るとなんだか蕾のような気がして、これから咲くのか〜とか。
あっ すみません。頭がぼけているかもデス。
池田姫
2010/01/27 18:26
こんばんは
ヤツデの花、林の中でタイワンリスが齧っているのを見たことがあります。
花そのものではなく、花茎の根元の辺りでした。
タイワンリスが増えてきて困ります・・・
YAKUMA
2010/01/27 21:38
ヤツデの花もアップで見るとキレイですね。
今まで、ジックリ見た事がなかったので以外でした。
福島でも、縁起の良い庭木として、植えられています。
凸。
みーたん
2010/01/27 22:34
こんばんわ。
ヤツデの実、先日写真を撮ったとこです。。
そうですね、くすんだ緑色がおしゃれな感じでした。

やつでの花はおもしろいし、芸術的ですね。
自家受粉を避ける理由は、近親結婚を避けて、良質の種を残すためでしょうか?
風さん
2010/01/27 23:29
池田姫さん、コメントありがとうございました。
なるほど、緑の実をみると、つぼみみたいですね。そういわれるとそうです。
ウド、ウコギ、キズタ、ウコギ科の花は、大さっぱに言って、やはりこんな感じですね。
エフ・エム
2010/01/28 09:01
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ヤツデの花をタイワンリスがかじるのですか。台湾にはタイワンヤツデというのがあるそうですが、好みの木なのでしょうか。
こちらではまだ見ておりませんが、そのうち利根川を越えて、やってくるかもしれません。
エフ・エム
2010/01/28 09:10
ももおやじさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/01/28 09:12
みーたんさん、コメントありがとうございました。
たしかにヤツデは縁起に関係する植物のようですね。「朝日百科」には、「ヤツデを庭木とするのは、ヤツデに邪悪の侵入を防ぐ呪力があると信じられてきたからでもある」とありました。たしかにあの葉には呪力があるような気がします。
エフ・エム
2010/01/28 09:25
風さん、コメントありがとうございました。
今、ヤツデの実がたくさんみられ、被写体としてもおもしろいですね。
植物は種によって、自家受粉を避けようと工夫しているものが多々みられますね。よりよい子孫を残すためということと、雑種のほうが自家受粉でできた子孫より優れた性質をもつ(雑種強勢)という特性があるためとも考えられます。しかし、主として自家受精で増える種もあり、それも何か理由があることと思います。
エフ・エム
2010/01/28 09:53
ヤツデは、葉っぱが有名なので、
花は知りませんでした。
こうやって、連続写真だと、よくわかりました。
きれいな球形になるのには、驚きます。
ほんと、アーティスティック
T&M
2010/01/28 13:24
T&Mさん、コメントありがとうございました。
ヤツデの花の時期は初冬ですし、期間も短いので、案外気づかれないのでしょうね。それに、花は白くて目立たないですから。葉のほうがずっと印象が強いですね。
エフ・エム
2010/01/28 17:51
ヤツデといえば
やっぱり葉っぱのイメージが強いですが
花もきれいですね。
一束一束、丸くまとまっていますね。
ふわっとした花ですね。
炊飯器
2010/01/30 22:51
炊飯器さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
あの大きな手のひら型の葉と丸い花の束とが対照的で、意外と構図的にマッチしている感じです。いままであまり注意していなかったのですが、おもしろく思いました。
エフ・エム
2010/01/31 08:02
さとみさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/03/22 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤツデの花と実 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる