道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS イヌガヤの花(「カヤの花」を訂正)

<<   作成日時 : 2010/04/04 14:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 20

最初「カヤの花」というタイトルでしたが、写真から、葉の裏の気孔帯(白く見える帯)がカヤの葉の気孔帯より幅広く、イヌガヤの特徴を示していましたので、この植物はイヌガヤと思われます。ご迷惑をおかけしました。訂正いたします。(4月8日)


昨年の7月10日に、若いカヤの実というタイトルで、カヤについて少し書いています。しかしこれもカヤではなく、イヌガヤと訂正します。

カヤイヌガヤは雌雄異株です。数日前、そのカヤイヌガヤの木に雌花が咲いていました。この木のすぐ隣りに雄花をびっしりつけている雄株がありました。どうりでこの雌株、子沢山だったのだ。

画像

画像

カヤイヌガヤの雌花



画像

画像

こちらは花一杯の雄株



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
さあ、カヤといえば蚊帳しか存じません^^
こういう植物もあるんですね。
2枚目の写真は姫が木の実を拾うコウヨウザンに似ています。
雄株の花がすごいですね、じゃらじゃら。
南国の植物っぽいけどそうでもないのね。
池田姫
2010/04/04 18:06
こんばんは
これがカヤの花ですか。
満開といったところなのでしょうか。
この花は見たことがありません。
私も探してみます。
YAKUMA
2010/04/04 22:13
去年のエフエムさんの記事以来
カヤを見る機会も時々あって
しげしげ眺めましたが、
名札がかかっていない場所では
モミだかイチイだか少しも自信が持てません〜
先月東大を歩いた時見たのは何だったのかなあ、
雌花の様子に似ていました・・・
これからもよろしくご教示くださいませ。
ミセスサニー
2010/04/05 00:33
池田姫さん、コメントありがとうございました。
蚊帳はお城でもご利用でしたか。
カヤというと、茅葺きの屋根に使うカヤ、すなわちススキやオギを指すことが多いので、紛らわしいですね。別名カヤノキを使う方がはっきりします。
葉はたしかにコウヨウザンとよく似ていますね。両方とも触ると痛そうです。
エフ・エム
2010/04/05 08:40
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
裸子植物の花は満開なのかどうなのか、はっきりしませんね。
雄花は花粉をだしているのかどうか、手が届かないので、調べることはできませんでした。
エフ・エム
2010/04/05 08:44
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
東大のキャンパスは大きな樹木がたくさんありますね。植物を見学するによい隠れた名所です。
私も針葉樹には自信がもてません。やはり小石川に行くのが一番と思っています。
エフ・エム
2010/04/05 08:50
カヤの花、初めて拝見させて戴きました。
有難うございます。
うるい
2010/04/05 08:55
うるいさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
こういう花はつい見逃してしまいます。
今年はちょうどよい時期に、散歩の途中、たまたま見ることができてよかったです。
エフ・エム
2010/04/05 13:27
初めて見ました
見事な数の雄花。
丸い花というのも変わってますね。
リンクの実も見ました。
青いビワのよう
実を炒って食べると美味しいとか
どんな味なんでしょう。
食べてみたいですなぁ
T&M
2010/04/05 19:50
お、お〜、こんなにいっぱい花をつけているんですね、雄株・・・花粉がいっせいに舞ったとしたら視界がかすんでしまいそうですね
さとみ
2010/04/05 20:04
こんばんは。これがカヤの雌花と雄花ですか?
意識して見た事がありませんでした。
雄株は随分いっぱい花を付けるのですね。
驚きました。
見て見たいものです。
kako狸
2010/04/05 20:42
かやの木を私の生家でも見てきましたが・・・雌雄別の株だとは知りませんでした。
近所に雄の木株が合ったのですね。
たぬきの独り言=Tatehiko
2010/04/05 22:20
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/04/06 08:26
T&Mさん、コメントありがとうございました。
雄花、やたらに多いですね。風媒花だから、無駄が多いのはやむを得ないのでしょう。たまたま運のいいのが雌花にくっつく訳です。
リンクの方の写真は未熟な実で、秋になって熟すと、この中に入っている種を煎ってたべることができます。ナッツみたいなものです。
エフ.エム
2010/04/06 08:35
さとみさん、コメントありがとうございました。
近寄れないので、花粉を出しているかどうかわからなかったですが、一斉に花粉を出したら、やはり凄いでしょう。きっとくしゃみがでますね。
エフ・エム
2010/04/06 08:38
kako狸さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
雌雄そろって写真に撮れてよかったです。欲を言えば、クローズアップの写真も欲しかったのですが、遠すぎました。
エフ・エム
2010/04/06 08:42
たぬきの独り言=Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
これに似たイチイやキャラボク、マキなども雌雄異株のようです。マツやスギなどは雌雄同株なんですが、針葉樹もいろいろですね。
エフ・エム
2010/04/06 08:47
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/04/07 07:55
カヤとイヌガヤの花、解説を読むと、なるほどそうなのか、と思いましたが、実際に見て、はっきり区別できるかどうかしらと全然自信のない私は思いました。カヤとイチイも似ているし・・・イヌガヤの葉っぱも、印象はあまり変わりませんね。たぶん、実がなっているときは違いがはっきりするのでしょうが。
さとみ
2010/04/12 20:10
さとみさん、コメントありがとうございました。
一番いい同定法は、「イヌガヤの葉はにぎっても痛くない。カヤは触っただけでも痛い」のだそうです。でも、痛い目にあうのはいやですね。
エフ・エム
2010/04/13 07:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
イヌガヤの花(「カヤの花」を訂正) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる