道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS カモジグサとアオカモジグサ

<<   作成日時 : 2010/06/13 08:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 18

路傍にごく普通のイネ科の多年草で、カモジグサ (Elymus tsukushiensis Honda var. transiens (Hack.) Osada) は東アジア温帯に、アオカモジグサ (Elymus racemifer (Steud.) Tsvel.) はわが国の北海道から琉球まで分布しているようです。

両種はたいへんよく似た形態をしていますが、カモジグサは小穂の色が粉っぽい緑色で芒(のぎ)が紫を帯びることが多く、アオカモジグサは小穂が淡緑色なので、なんとなく区別できるのですが、はっきり区別するためには、小花を内頴側からルーペで見るのが一番です。内頴が護頴(外頴)と同長ならカモジグサ、内頴が護頴より明らかに短ければアオカモジグサです。

両種とももう花の季節は終わって、実を稔らせているものが多いようです。イネ科の植物は大抵そうですが、カモジグサの穂はいつも風に揺れているので、ピントの合った写真を撮るのが難しいです。

画像

画像

カモジグサ



画像

画像

アオカモジグサ



画像

花どきのカモジグサ



画像

小花を内頴側から見る

左:カモジグサ 右:アオカモジグサ
アオカモジグサの方が内頴が短い



画像

小花を護頴側から見る

左:カモジグサ 右:アオカモジグサ
アオカモジグサの芒は護頴の2つの爪の間から出る



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
これは道端などに生えているかもしれません。
似ているものも多いのでしょうか。
区別する特徴を覚えておかないと・・・
YAKUMA
2010/06/13 21:45
こういう草は最初から実みたいですけど、ちゃんと花が付くんですね。
こういう揺れやすい草の小さな花まで写せるなんてすごいですね。
小梨
2010/06/13 21:49
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/06/14 08:22
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
道ばたは今はイネ科雑草の天国ですね。これらも大盛況です。
Elymus属の植物は日本に18種ほどあるそうですが、関東南部では大抵カモジグサとアオカモジグサです。もしかすると、水田近くにミズタカモジというのがあるかも知れませんが。
エフ・エム
2010/06/14 08:40
小梨さん、コメントありがとうございました。
イネ科植物の花は地味中の地味ですね。でも確かに咲いているのが分かります。
風は連続して吹いているようでも、待っていると一瞬止むことがあり、それがシャッターを切るチャンスですね。
エフ・エム
2010/06/14 08:49
出た〜!研究発表ですね。
道端に普通に見られるそうですが、全然目に入っておりませんーー、
かもじってどういう字と思いましたが、ひらがなでした。
髪の毛に添える毛、入れ髪と書いてありました。
これは日本のものが減少しているわけではないのですね?
お互いに頑張っているのでしょうか。
今度目を凝らして頑張って見ようとしてみます^^
池田姫
2010/06/14 16:48
良く見かけます。
名まえ初めて聞きました。
目に停まり難いですよね。
うるい
2010/06/14 17:49
池田姫さん、コメントありがとうございました。
私は全然目に入らなくても、穂を引っこ抜いたり、しごいたりすることがありますが、姫様はそんなことはなさらないでしょうね。でも、そうしたくなるような草がカモジグサです。
カモジグサは髢草と書きます。髢は入れ髪のことですが、今はヘアピースがあるから、ほとんど使わないようです。でも、ネットで検索してみたら、巫女さんが使うようなことがあると書いてありました。
エフ・エム
2010/06/14 20:12
うるいさん、コメントありがとうございました。
路傍にごく普通に生えているのですが、ほかにもイネ科雑草が幅を利かせているので、目立たなくなってしまうのだろうと思います。それで、名前もあまり知られていないのかも知れません。
エフ・エム
2010/06/14 20:27
そうそう、
こういうものがどうしても覚えられないで
困るんです。
紫色を帯びたカモジグサの方が認識しやすいですね。
アオカモジグサ、日本固有?
よく見る気がしますが、
区別できていないので
あやしいです。
時々、繰り返し、登場お願いします。
ミセスサニー
2010/06/14 23:44
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
カモジグサには穂の色に変異がありますね。紫色のはカモジグサですが、緑のものもあり、アオカモジと区別がつきにくいです。
アオカモジグサは日本固有とされていますが、中国にもあるかも知れないということです。
エフ・エム
2010/06/15 07:58
子供の頃から、道端で見ていたお馴染みの植物ですが、
こんな名前だったのですか
2種類あるのも初めて知りました。
内頴で見分け方られるのも納得です。
エフエムさんのブログは、色々勉強になりますね
T&M
2010/06/15 11:00
Turf-Runnerさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/06/15 12:46
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
あまり普通すぎると、かえって目立たないですね。私もブログにこれらを載せたのは初めてでした。今あまり花の咲いていない時期で、なにかネタになるようなものはないかと探したところ、ふと目について、これだこれだ、という訳でした。
エフ・エム
2010/06/15 12:55
こんにちは。
カモジグサにアオカモジグサですか?
目にはしていても写した事は無いですねぇ〜!
いかにもエフ・エムさんらしいモデルさん選びで、感心します。
kako狸
2010/06/16 16:14
kako狸さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
イネ科の穂は案外おもしろい被写体と思っています。風媒花なので、風をうまく利用するのが彼らの戦術。そんなところをうまく撮れればと思っているのですが。やはり葯を外に出している時期がいいです。
エフ・エム
2010/06/17 13:48
まんじゅ猫さん、気持玉をありがとうごじました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/06/20 08:13
さとみさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/06/30 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
カモジグサとアオカモジグサ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる