道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS フクジュソウとともに

<<   作成日時 : 2012/03/11 08:35   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 34

フクジュソウはキンポウゲ科の多年草で、わが国には北海道、本州、四国、九州に広く分布し、ロシア極東、朝鮮半島、中国の一部にも分布しています。

旧暦正月の頃から明るく黄色い花を開くフクジュソウは、日本人が好む花の一つ。その名の通り、人々に幸福をもたらすような雰囲気を持つ花です。北村四郎博士によれば、京都の俳人、松江重頼の「毛吹草」(1645)の俳諧四季の詞に、福寿草元日草とあり、寛永の頃には正月の花となっていたことが分かり、また江戸の人、水野元勝の「花壇綱目」(1681) に栽培の仕方が書いてあり、これらによると、徳川時代の初めごろから栽培されたようですが、一方、中国では満州に分布しているだけで、園芸に取り入れられることはなかったそうです(北村四郎選集1 保育社)。

フクジュソウは落葉樹林内によく群生する植物で、きっと自然が今より豊かだった時代には、日本各地にかなり多く生息していたのではないかと思います。現状はどうなんでしょうか。環境省のレッドリストには絶滅危惧種の指定はありません。しかし、都道府県ごとの絶滅危惧情報を見ますと、安心できるような状況ではないことが分かりました。

絶滅危惧種T類としているところは、群馬県、千葉県、東京都、富山県、和歌山県、京都府、大阪府、大分県、宮崎県、絶滅危惧種U類としているところは、北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、埼玉県、神奈川県、山梨県、新潟県、静岡県、三重県、奈良県、岡山県、熊本県、準絶滅危惧種としているのは、山形県、長野県です。また滋賀県は分布上重要種としています。絶滅危惧の指定のない県は17県ありますが、分布していないことが明らかな沖縄県を除いて、絶滅危惧種と考えるほど少なくないのか、もともと分布していないのか、あるいは未調査なのか、判断がつきませんでした。

こんな具合で、野生のフクジュソはかなりの危機状態にあると思います。そうなった原因は開発などによる自然環境の変化も大きいとは思いますが、上述のような、日本人のフクジュソウ好みが、悪い意味で、この植物の生存に大きな影響を及ぼしているのではないかと思います。

再び北村博士の文章を引用します。「一昨年、奈良県で群生している所が新聞に出ると、たくさんの人が見物に出かけ、株を取るは、踏み荒らすはで、まことに恥ずかしいことが起こった。中部地方から北海道にかけては、近畿より多く自生しているが、これも野生のものを乱獲すると、交通の便利な現在ではすぐなくなるから、栽培しているものを買ってほしい」(上記選集)。これは昭和48年の記事です。こんなことが全国で繰り返されてきたのではないでしょうか。生物多様性保全の大切さをよく知ることが強く望まれます。

東北大震災から1年経ちました。犠牲になった多くの方々のご冥福をお祈りいたします。まだ多くの被災された方々が共同生活を余儀なくされ、また仮設住宅や遠隔の地で不便な生活を送っておられます。その方々が徐々にでも元気を取り戻して下さるよう、切に願っております。庭のフクジュソウとともに。

画像


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
春を一番に告げてくれる福寿草。
冬枯れの野に黄色い花が元気をくれますね。
常々、"山野草展”を観るにつけ・・・
この山野草は山から採取してきたんだろうなぁ・・・と
危惧の念がよぎります。
北村博士のお言葉に野に咲く自然の花たちの悲しみの声が聴こえてくるようです。
”やはり野におけ”福寿草ですよね。
あっこちゃん
2012/03/11 09:32
こんばんは
確かに春を告げる花ですから、人気は抜群なのでしょうね。
生息する地域を開発してきて、その地をなくしてきたのに
残った福寿草さえ、盗掘して根絶やしにする。
我々のやることは、罪深きことだらけですね。
YAKUMA
2012/03/11 18:53
実物の福寿草は見たことがありません
私の住む兵庫県は指定がありませんがどうなんでしょう
山を挟んで南北広い県ですから、山のほうや日本海側にはよく見られるのかも?
satukineko
2012/03/11 23:30
今日3月11日のフクジュソウ、想いが伝わってきました。
ほんとうに大変な1年でした。

そしてまた受難のフクジュソウ。
お正月の寄せ植えにもたくさん使われているようです。
いくら栽培品とはいえ、鉢植えや庭植えで毎年咲かせられるように根もつけて販売し、また大切に育ててほしいですね。
夕菅
2012/03/11 23:59
フクジュソウ、かつては私の里山や周辺にあったと聞いていますが今は全く見ません。
里山を利用しなくなって荒れたことや、松やナラからヒノキやスギへの植林、山の中での獣害で食べられてしまうこと、そして何より人による盗掘が見なくなってしまった要因と思われます。
山から採ってきて庭に植えても意味がないのに・・・。
再び里山や周辺にフクジュソウが見られる風景が近いうち復活するようにしたいものです。
松の陰
2012/03/12 17:22
雪の中から「福寿草」を見つけると、本当に「幸せ」な気持ちになります。
正月の盆栽づくりでは 梅と笹と十両の薮柑子と福寿草のセットを売っていましたね。福寿草を育てて売っているのであればいいのですが、まさか山から採ってきて・・・なんてことはなかったのかな?
エフ・エムさんの記事を拝読して 今更遅いですが心配になってきました。
「元日草」という名前の通りめでたい花として好まれる花ですね。
岩陰で、苔の間から妖精が顔出しているようですね。

北日本大震災から1年経ちました。あまりに大きな出来事に 今でも昨日の出来事のように感じます。いろんなことを考えさせられた1年でした。自分の生き方を見直す1年でした。被災地の人たちの心に福寿草の輝きを届けたいですね。
生駒の風
2012/03/12 21:01
野生の福寿草は見たことがありません。どんな情景なんでしょう。
新聞に出ると押しかけ、採取し、踏み荒らす・・・恥ずかしいですね。自然の中で見るのが一番美しいと思うのですが。
winning-field
2012/03/13 01:24
彩さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 08:35
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
福寿草は何にも増して春の訪れを感じさせてくれます。太陽に感謝しているようなそのすがたはとてもいいですね。
山野草展はもしかしたら日本独特のものでしょうか。渋い趣味ですが、すでに栽培品になっているものだけにしてほしいものです。
野草は山野で見るのがやはり一番美しいですね。
エフ・エム
2012/03/13 08:44
daoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 08:45
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 08:46
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 08:47
eijiさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 08:48
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
フクジュソウは江戸時代にブームとなって、それ以後いろいろな品種がつくられたという話です。やはり育てるなら、そういうものを育ててほしいものです。原種がなくなって栽培品種ばかりになっては恥ずかしいことです。
エフ・エム
2012/03/13 08:53
satukinekoさん、コメントありがとうございました。
兵庫県の周辺の府県では、福寿草は絶滅危惧IまたはUになっているにもかかわらず、兵庫県がまだ危惧指定するほどでないとしたら、それはすばらしいことです。まだかなり残っているのでしょうか。是非保存していただきたいものですね。
エフ・エム
2012/03/13 09:02
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 09:03
夕菅さん、コメントありがとうございました。
大震災から1年経ちましたが、思ったより復興が進んでいないような気がします。一生懸命はやっているのでしょうけれど、政府や東電の対応は現場の要求にはまだほど遠く感じられます。汚染除去は重い課題ですね。
栽培品種でもフクジュソウがあちこちの庭などで見かけるのはうれしいことです。でも、かれらにしても、ご先祖さまが失われて行くのはさびしいでしょうね。
エフ・エム
2012/03/13 09:12
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
里山の荒廃はフクジュソウや他の山野草の生存に大きな影響を与えたことはたしかですが、やはり盗掘はそれらの滅亡の最も大きな原因ではないかと思います。環境や自然物の保護など大切と思わなかった時代がたしかにありましたね。こういう状況は改まりつつあるのでしょうけれど、まだまだ個々人の自覚が必要と思います。
エフ・エム
2012/03/13 09:25
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
江戸時代以降、福寿草は日本人に好まれ、いろいろな栽培品種がつくられてきました。ですから、それらを育ててゆくことは、大切なことですが、やはり原種あっての栽培品種、是非原種を保全し、絶やさないようにしてほしいものです。
福寿草が咲き出し、大震災から一年経ったのだなという思いがありました。復興対策はまだ遅々として進みませんが、来年の福寿草の咲く頃は被災地の方々の生活改善に目に見えるようなものがあってほしいと思います。
エフ・エム
2012/03/13 09:38
こういちさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/13 09:41
winning-fieldさん、コメントありがとうございました。
私も、福寿草の原種らしいものは、植物園でしか見たことがありません。見てはみたいですが、無理でしょうね。
この盗掘の話、北村先生も、人々の道徳のなさに、ひどくがっかりなさったことだろうと思いました。
エフ・エム
2012/03/13 09:52
野生の福寿草がそんな状況とは知りませんでした。
今日も畑に咲いているのを見ましたもん。それは栽培品種?
薬用植物園でも盗掘があるらしいです。いろいろな野草が植えられていて、咲くのを毎年楽しみにしている人がいるのに。
信じられませんね・・・。
池田姫
2012/03/13 18:39
とても心が温まる写真をですね。
そういわれてみれば、福寿草。
確かにあまり見かけません。
盗掘の問題は、本当に許せないし情けないです。。。
せっかく咲いても、咲いている場所が公開されなかったり、公開されてもフェンスが張られたりと、自分さえ良ければ、という人たちのせいで、純粋に楽しみたい人も、それが出来ないという状況が、なんとも腹立たしいです。。。
ケロ太
2012/03/13 22:27
子供のころフクジュソウの描かれた色紙をお正月になると父が差し替えるので、とても楽しみでした。
黄花が美しい日本画になっていました。
庭のフクジュソウは実家の庭から持ってきたものですが、園芸っぽい感じがしています。

野草の栽培に関していろいろな意見がありますね。
山野草を実生で苗を上手に育てている会の方から譲ってもらって、庭や鉢に植えたりしていました。
流行りの洋風のガーデニングばかりでなく、日本の花を身近に置くことは心安らぐものです。
貴重な野草を掘って持ってきてしまうのは、困ってしまいますね。
とんとん
2012/03/14 14:41
明るく凛として、福寿という意味にピッタリですね
日本人が好むのは、菊の花にも似てるから・・・というのも有りそうな気がします
絶滅危惧種であるのは心配ですね。
T&M
2012/03/14 23:50
池田姫さん、コメントありがとうございました。
畑に野生種?どうなんでしょう。
植物園でも堂々と盗掘する人がいるとは驚きです。こういう人は野生の福寿草を見たら、間違いなく持って行ってしまうでしょう。困った人たちです。食料不足で里に降りてくる猿にも劣ります。
エフ・エム
2012/03/15 12:27
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/15 12:28
ケロ太さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
盗掘はほんとうにひどい話ですね。野生の福寿草は心ない人の庭や鉢に植えられて、すごく悲しんでいるでしょう。人にもあるように、福寿草にもなつかしい故郷があるはずです。
そういう場所にぜひ返して欲しいものです。
エフ・エム
2012/03/15 12:44
とんとんさん、コメントありがとうございました。
お父上様が正月に福寿草を色紙に替えられるのは、きっととても印象的でしただしょうね。福寿草は春を待つ心を表象するのにいかにもふさわしい植物と思います。
野草を育てるということは、江戸時代から続く日本の伝統文化と思いますが、自然環境の荒廃が際立っているこの時代ですから、野草を野外から採ってくるのでなく、栽培品種を育てることが大切と思います。栽培品種を守り育て、またさらに品種改良して行くことは望ましいこと。ただ、それらの祖先種である野生種は自然環境の下で保全することが理想的ですね。
エフ・エム
2012/03/15 12:59
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
なるほど、福寿草は日本人好みの菊の花になんとなく似ていますね。菊のない早春に(いまはいつでもありますけど)、この花は人々を魅了するのでしょう。だから見つけると持って行ってしまう人がいるのでしょうけど、絶滅危惧種であることを多くの人に知ってもらう必要がありますね。
エフ・エム
2012/03/15 13:09
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/19 11:40
タビビトさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/19 11:44
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/22 13:17
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/03/31 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
フクジュソウとともに  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる