道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな風景(春の草むら)

<<   作成日時 : 2012/05/01 11:24   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 44

5月になりました。早くも初夏かと思わせる陽気です。春はもううしろに? 広辞苑で「行く春」を引いてみました。「暮れて行く春。過ぎて行く春。晩春。拾遺和歌集(春)『花もみな散りぬる宿は行く春の故郷とこそなりぬべらなれ』」。

「行く春」を惜しみつつ、春の野を飾った野草の群れを「小さな風景」として並べておきます。

お急ぎでない方はクリックしてみて下さい。

画像

共存共栄



画像

野草として生きて行きます



画像

ユニホーム姿の怪しい集団



画像

高齢者の集い



画像

客待ち顔の花たち



画像

原始の森で



画像

金色、銀色、緑のそよ風



追記:植物名に関するご質問がありましたので、以下に載せておきます。

「共存共栄」: ツクシ、ヒメオドリコソウ、カラスノエンドウ、ハコベ(?)など
「野草として」:決意表明はムスカリ
「怪しい集団」:おなじみ、ヒメオドリコソウ
「高齢者」:  ムラサキケマン
「客待ち顔」; クサイチゴ
「原始の森で」:イヌスギナとカキドオシ
「金色、銀色」:アゼスゲ;金色は雄しべ、銀色は雌しべの色

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(44件)

内 容 ニックネーム/日時
名前の付け方が面白いのでついクリックしてしまいました
ユニホーム姿と言われるとなんだか顔があるように見えてきます。
高齢者の集い、なるほっどって、感心する自分も高齢者
人が見ようが見まいが、野草は精一杯咲いているんですね
T&M
2012/05/01 12:46
ボクは近接して撮影することが多いのですが、集団として撮影するのもなかなかいいですね。ツクシもヒメオドリコソウも、ムラサキケマンもカキドオシもいつもとちがった顔に見えます。その下はクサイチゴでしょうか。それと最後の植物が分かりませんでした。時間があるときに教えてくださいね。
宮城野
2012/05/01 17:29
すみません、追加です。最近、ムスカリや写真にはありませんがハナニラが野生化して増えているように感じます。そちらはどうですか。
宮城野
2012/05/01 17:30
展覧会みたいですねー
姫オドリコソウは防護服の集団みたい。どこの星から来た!な〜んか怪しいやつだと思っていたんですよ。
みんな勢力を伸ばそうと頑張っているんだなと思います。
あれも咲いてきましたよ、ナガミヒナゲシ。
池田姫
2012/05/01 17:59
かわいい野草群団、こちらではこんなに揃って咲くのはあまり見られません。
特にムラサキケマンは何年も見ていません。高齢者も少し前には乙女だったはず、こんなに揃ったらさぞかし美しかったでしょうね。
北海道のエゾエンゴサクの群生は夢で会いましょう。
ヒメオドリコソウは未だお若い姫達の仮装群団? これだけ揃うとちょっと怖い。
夕菅
2012/05/01 18:49
「ユニホーム姿の怪しい集団」のネーミングはお見事。そう言われれば確かにどこかの国の軍隊か応援団、あるいは宇宙人の集団のようにも見えます。
winning-field
2012/05/01 19:16
いつでもどこにでもある野原の風景ですが
楽しいネーミングでその風景がまるで人生があるように見えてきます。
どのネーミングも”そうそう!”って納得です。
特に"ムスカリ”ちゃんと園芸種なのに時として野原に咲きだして・・・”野草として”生きていってますね。
(^_-)-☆
あっこちゃん
2012/05/01 21:13
こんばんは
楽しいタイトルですね。
全部クリックしてみてしまいました。
こういう表現、参考にさせていただきます。
YAKUMA
2012/05/01 21:17
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヒメオドリコソウもこれだけ同じ姿で群れていると圧倒されます。ほんとに顔がついているみたいです。
「敬老の日」って、よく高齢者の集いがあるのですが、ちょっと思い浮かべただけで。歳が歳だから実感がわきます。

エフ・エム
2012/05/01 22:31
宮城野さん、コメントありがとうございました。
最初から植物の名前を入れておけばよかったですね。すみません。追記として入れておきました。
たしかに近頃園芸植物が野原や空地にエスケープして、けっこう元気に暮らしているようですね。いままでいくつかを記事にしました。いちばんよく見かけるのはハナニラですね。カクトラノオ、ヒメヒオウギズイセンもすっかり帰化植物になった感じがします。
エフ・エム
2012/05/01 22:42
ホトケノザや姫踊子草、こちらでも群生が見られます。紫けまんの高齢者の集い!は、思わず笑ってしまいました。けまん自身が、仏さんと縁があるし…。姫踊子草は踊ってますけど、紫ケマンは??群れているだけ??かな?私もこっちの仲間入りかな??
スゲも金銀で、おめでたい感じですねヽ(^o^)丿
よしこ
2012/05/01 22:44
池田姫さん、コメントありがとうございました。
ヒメオドリコソウは防護服みたいですか。どうみても怪しいですね。私にはワワワワ〜っと、奇妙な声で合唱しているようにも見えます。
ナガミヒナゲシ、咲いていますね、でもこちらは例年より少ないみたいです。いずれにせよ、雑草たち、仲良く共存してもらいたいものです。
エフ・エム
2012/05/01 22:50
夕菅さん、コメントありがとうございました。
そちらはムラサキケマンは少ないですか。こちらは普通種ですが、所変わればでしょうか。たしかに少し前はたいへんきれいだったのですが、つい写真に撮る気がなかったのです。で、こんな状態になって、あれ、これはブログネタになるかと。
エゾエンゴサクはここでは見られませんが、あの青はすばらしいですね。
エフ・エム
2012/05/01 22:59
winning-fieldさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヒメオドリコソウも少し咲いていると可愛いのですが、これだけ押し寄せてくるとちょっと怖いです。その雰囲気が出るかと写真に撮ってみたのですが。
エフ・エム
2012/05/02 08:20
nonaさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/02 08:21
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
草むらを被写体とするのも結構おもしろいと思いました。どんな映像ができるか分からないのもまた楽しみです。ネーミングは映像の印象からです。
こちらでは、ハナニラ、ムスカリ、カクトラノオ、ヒメヒオウギズイセンなど自生していますが、なんとか野草としてやって行けそうです。
エフ・エム
2012/05/02 08:31
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
たまにはこんな映像もいいかと思いました。花同様、草むらにも四季の特徴がよく出ますね。また季節の節目に考えてみたいと思います。
エフ・エム
2012/05/02 08:34
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/02 08:35
よしこさん、コメントありがとうございました。
ムラサキケマンは、花がたくさん群れて、きれいじゃないの!と思って写真に撮ったのですが、パソコンに取込んでみたら、あれ、高齢者だったのと気付いた次第です。いいかげんなもんです。
アゼスゲの雄しべの色は褐色とか淡褐色というのが正確なんですけど、ぱっと見の印象は金色でした。
エフ・エム
2012/05/02 08:44
写真についた名前、おもしろいですね!エフ・エムさんのセンスに感心しました。「高齢者の集い」には、思わず笑ってしまいました。みなさん、同じような感想をお持ちのようですね。

一口に、雑草と片づけてしまいますが、よく観察すると、きれいなのが多いんですよね〜。
木の実
2012/05/02 12:01
草むらに多種類の野草が咲くさまは微笑ましく感じられて、大好きです。
ユニフォーム姿の怪しい集団はホント怖いです。
草むらの住人の表情は皆個性的。そこが良いですね。
今日野草の仲間入りをして澄まして咲いているアジュガに出会いました。
ムスカリさんの意思表明を伝えておきますね。^^
とんとん
2012/05/02 20:36
ヒメオドリコソウの繁茂はすごいですね。決して醜い花ではないのですが、畑に入ると憎らしくなってしまいます。
でもここでは共存共栄なんですね(^^)
ムスカリは私の畑周辺でも植えられていたものがどういうルートをたどってか点々とみられるようになりました。
野草として生きていくムスカリが増えているのかな〜(笑)
松の陰
2012/05/02 21:13
totoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/02 22:10
花盛りの春の野ですね。
「野草として生きて行きます」は面白いです。どのコメントにも、思わずうなずいてしまいました。
草むらに咲いている小さな可憐な花たちに目をやるとこころがホッとしてやすらぎます。
楽しい楽しい写真です。
I子
2012/05/02 22:12
木の実さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ムラサキケマンですが、私も長年、高齢者をやっているので、こういうのを見ると、なんとなくタイトルが自然に出てきてしまうのです。
雑草がつくる自然の美、飾らない美しさを感じますね。
エフ・エム
2012/05/02 22:29
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/02 22:30
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/02 22:31
明美歌さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/02 22:32
とんとんさん、コメントありがとうございました。
草むらの野草たちにはまあ仲良くやってねと言いたいところです。どれもたくましすぎるので。
ヒメオドリコソウの群衆は、きっと虫の眼から眺めたらこわいでしょうね。からだを振り振り、迫ってくる感じでしょう。
アジュガも野生化ですか。がんばって欲しいですね。
エフ・エム
2012/05/02 22:43
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヒメオドリコソウはおそるべき繁殖力ですね。きっと畑に入るとやっかいでしょうね。なるべく道ばたの草むらで我慢してもらいましょう。
ムスカリが自生しているのをよく見かけるようになりました。どうやって逃げ出して行くのか、私も不思議に思っています。
エフ・エム
2012/05/02 22:54
I子さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
おもしろく見ていただいたらほんとにうれしいです。
小さな花もみななにか表情をもっているので、その表情からなにか読み取れるかと思っています。
クサイチゴの花たちの、はやく虫がきてくれないかなと待っているすがたは可憐でした。
エフ・エム
2012/05/02 23:02
「金色、銀色」はチモシー日本名はオオアワガエリ(大粟還り)だと思いましたが違いますか?
法面の緑化工事で種子を蒔いたことが有ります。
tabibito
2012/05/03 22:29
tabibitoさん、コメントありがとうございました。
この植物は田んぼや湿地に生えるアゼスゲで、イネ科ではなく、カヤツリグサ科のスゲの仲間です。オオアワガエリとよく似ていますね。
エフ・エム
2012/05/04 00:06
畑の畦道や土手にみられる風景に初夏の活気を感じますね。
なつかしいです。
久しぶりに、病院を見舞う前に植物園をぶらりと歩いてから訪ねるよって声をかけてきました。
エフエムさんが見てきた風景を、少しでも目に焼き付けてきます(大笑い)
Tatehiko
2012/05/05 07:27
おはようございます!
春先になるとヒメオドリコソウとホトケノザが集団で咲いています。
遠くからみると紫の集団としかみえないので 「どちらかな?」と想像しながら近づきます。
「イヌスギナ」と「イヌ」をつけたのは土筆にならないからですね。
先日、和歌山県の潮岬灯台にでかけました。一面の黄色い絨毯でした。ミヤコグサでしょか?
集団でアピールしている花たちに目がうばわれました。
生駒の風
2012/05/06 09:24
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/07 21:05
daoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/07 23:12
末摘花さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/07 23:13
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/07 23:15
Tatehikoさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
姪の結婚式などあり、また神奈川県の植物園に行ったりして、しばらく留守にしていました。ご返事が遅れてすみません。
昨日はつくば市で竜巻の被害があったことを知り、びっくりしました。なにしろ在住地の近隣の市ですから。自然には逆らえませんね。
エフ・エム
2012/05/07 23:41
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
ヒメオドリコソウとホトケノザはたしかによく似ていますね。ヒメオドリコソウの方が、なんとなく怪しいすがたなので、区別がつきますけれど。
イヌスギナはやはり食用になるようなツクシを作らないので、イヌとつけられたのかと思います。こちらにはイヌスギナが大変多いのですが、そちらはいかがですか。
ミヤコグサは以前よく見かけたのですが、すっかり少なくなりました。あるところにはたくさんあるのかも知れません。
エフ・エム
2012/05/07 23:50
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/09 21:53
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/16 07:30
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/25 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さな風景(春の草むら) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる