道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 日比谷公園のオキナヤシ

<<   作成日時 : 2012/08/26 12:57   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 30

バーン- ジョーンズ展を見たあと、ちょっと日比谷公園に寄ってみました。夏花壇を見たかったのですが、真昼の炎天下、これはちょっとたまらん。さすがに散策している人も少なく、そそくさと公園をあとにしました。でもせっかく寄ったので、この公園にそびえ立つオキナヤシのことを書いておきます。

オキナヤシ (Washingtonia filifera (Linden ex André) H.Wendl. ex De Bary)は植物データベース「Web版BGPlants」のよると、標準和名をワシントンヤシとし、別名をオキナヤシ、シラガヤシとしています。一方、日比谷公園での名札はオキナヤシ、また小石川植物園のものも名札にはオキナヤシとなっています。また、朝日百科「世界の植物」では、シラガヤシ、別名をオキナヤシとしています。原産は北米のアリゾナ州、カリフォルニア州、およびメキシコ北部 (GRIN データベース)で、ネバダ州にはのちに野生化したようです。

朝日百科「世界の植物」によれば、葉縁に白い糸状のものを多数ぶらさげ、老人の白髪やひげを思わせるので、シラガヤシ、オキナヤシの名があるとのことです。しかし、下に示す私が撮った写真では、その「シラガ」の様子は分かりませんでした。

頂端の葉の間から白っぽい花房のようなものが見えました。持参していたカメラのレンズは低倍率でしたが、とりあえず写して、パソコンに取込んでトリミングしてみました(下写真)。見えているものは多分花序と思いますが、花が咲いているのかどうか、よく分かりませんでした。

オキナヤシの花序は肉穂花序、花は両性花、果実は核果で種子を一つずつ含むのだそうです(US Forest Service データベース)。また、この果実は小さくて堅いけれど、薄い果肉はナツメヤシの実に似た甘さがあり、生で食べたり、ドライフルーツにしたり、ゼリーやドリンクにしたり、また乾かして種子ととも砕いてポリッジに使うそうです(Plants For A Futureデータベース)。

ともかくも、大都会の真中の南国的な巨木、東京の猛暑にもよく似合う。

画像

画像

画像

日比谷公園のオキナヤシ (8/15)



画像

ついでに、小石川植物園のオキナヤシ (4/8)



画像

画像

日比谷公園のアメリカデイゴ

花がわずかに咲いていました
今頃はもっと咲いているかも知れません


アメリカデイゴ (Erythrina crista-galli L.) は、オキナヤシの隣りに植えてあります。別名はカイコウズ。南アメリカ原産のマメ科植物。沖縄のデイゴ (Erythrina variegata L.) とは同属ですが、種が違います。

画像

ヒビヤネコ



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真鶴の旅:お林展望公園の植物
中川一政美術館に隣接して、お林展望公園があります。もと「真鶴サボテンランド」があった場所ですが、閉館後、お林展望公園として整備されました。カナリーヤシやオキナヤシがとろどころに植樹されており、相模湾を一望できます。南国の雰囲気をもつ公園です。 ...続きを見る
道草の時間
2015/11/13 10:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
この猛暑、水遣りでさえ堪え難い毎日です。
オキナヤシ、初めて出合った植物です。
由来が知りたくなって検索するうちに、ワシントニアとして掲載された面白い記事を見つけました。
このヤシは枯れ葉が残って白髪のように垂れ下がるのが特徴なのに、日本の庭師さんはそれを厭って切ってしまうのでしょうね。ペチコートパームともいうようです。
夕菅
2012/08/26 23:47
totoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/27 06:55
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/27 06:56
夕菅さん、コメントありがとうございました。
この暑さ続き、なんとかしてほしいものです。中休みもないですね。
オキナヤシは北中米原産というのも珍しいと思います。熱帯のものより耐寒性があるのでしょうね。
白髪は庭師さんが切ってしまうのですか。すっきりするでしょう。でも、シラガというのもペチコートというのも特徴をとらえた名前ですから、やはり残しておいた方が名前と一致していいような気がします。
エフ・エム
2012/08/27 07:13
ヤシはやはり南国的ですね
真夏の東京のビル群の風景にピッタリ。
ロスの街にも至る所にあって、他に高い木がないので印象的でした。
ここには色んな椰子の木が沢山有るのですが、あまりにも当たり前の風景なので、なかなか新鮮味が湧きません
デイゴの花は、まだ見たことがなく、ここにもあるはずなので是非見つけたいと思っています。

ヒビヤヤマネコなら新種発見となるのでしょうが・・・
T&M
2012/08/27 12:46
東京に南国的な植物は似合いませんが、年々温暖化やヒートアイランドで東京も南国化していますので、エフエムさんの言われる通り猛暑に良く似合ってますね(^^;
松の陰
2012/08/27 18:12
こんばんは
周りに比べると、随分異質な感じをかもし出していますね。
ヒビヤネコ、だるそうです。
YAKUMA
2012/08/27 22:02
大阪の公園ではよくヤシノキをみかけます。
大阪には似合わない木だと思ってみていました。
しかし、この頃大阪はヤシノキが似合う熱帯地区になったようです。
ヤシノキは寒さにも強いのですね。適応性にすぐれているのでしょうか?
沖縄でよく目にするアメリカデイゴが東京お台場できれいに咲いていたのを思い出しました。

生駒の風
2012/08/27 22:45
新種のネコ「ヒビヤネコ」がいたのですね、
矢張り暖かいところでネッコロガルのが好きなようですね、暑すぎないのかなあ。
tabibito
2012/08/28 05:59
このみさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/28 12:18
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/28 12:19
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
アメリカ大陸にもいくつかヤシの種類があるようですが、やはりヤシといえば東南アジアですね。わけてもココナッツはすばらしい。フィリピンではたくさん見られるのでしょうね。そのうち温暖化が進むと、日本でも見られるようになるかも知れない。
どうひいき目にみても、ヤマネコじゃないですね。筋肉、ゆるんでいます。
エフ・エム
2012/08/28 12:36
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
東京は大都会だけあって、そのヒートアイランドぶりもすごいです。東京の熱気は周辺都市に影響して、関東一円猛暑続き、
はやく秋が来てほしいものです。ヤシの木は喜んでいるのかも知れませんが。
エフ・エム
2012/08/28 13:53
目黒のおじいちゃん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/28 13:54
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
こんな巨木のヤシがなんで東京に、と思いますね。この木がここに植えられていることの由来を知りたいと思っていますが、分かりません。
エフ・エム
2012/08/28 13:58
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/28 13:59
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/28 14:00
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
大阪も暑そうですね。ヤシの木が似合いますか。ヤシの中でもある程度耐寒性のあるものは日本でもよく育つかも知れませんね。これからは、ヤシを取り入れた庭園ははやるかも知れません。岡山の半田山植物園には立派なヤタイヤシがありました。
エフ・エム
2012/08/28 14:09
tabibitoさん、コメントありがとうございました。
新種とまではゆきませんが、新変種かも知れません。ヒビヤ変種ですね。和名はヒビヤネコ。特徴は石の上で寝るのが好き。触感がいいのかな。
エフ・エム
2012/08/28 14:17
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/28 14:18
大都会の高層ビルにも、オキナヤシ似合いますね。
南国の植物、東京でも育つのですね。花が咲いていたとは、ビックリです。
ヒビヤネコ、暑そうです。
みーたん
2012/08/29 11:16
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/30 06:53
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/30 06:54
日比谷公園、何度も行っていますが
オキナヤシとしてにんしきして見たことなかったなぁ。。。
次回行ったらオキナヤシを探しに行ってみようかな?
温暖化で熱帯の植物も元気に育っているのでしょうか?!
あっこちゃん
2012/08/30 20:42
ヒビヤネコには、笑いました。\(^o^)/
初めオキナワヤシと読んでしまいました。
オキナグサと同じ理由の命名ですね。
写真の葉っぱは、これから生えてくるのかしらね。
とんとん
2012/08/30 22:01
みーたんさん、コメントありがとうございました。
東京砂漠の中のオアシスにも椰子が生えているという風景です。 花をもう少しよく調べようと思ったのですが、ネット上にオキナヤシの花の画像は見当たりませんでした。
東京はどこも暑いですから、木陰の石の上はちょっとばかり涼しいのかも。
エフ・エム
2012/08/31 07:26
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
日比谷公園は花壇の前のベンチで一服する、というような公園ですから、普通は木の方にはあまり気をとめないかもしれません。
オキナヤシは北米南部とメキシコが原産なので、耐寒性もある程度あるのでしょうね。温暖化した日本は生育にいい環境かも知れません。
エフ・エム
2012/08/31 09:38
とんとんさん、コメントありがとうございました。
オキナヤシ、誰が名付けたのか分かりませんが、日本的な名ですね。シラガヤシというよりもいいニュアンスがあると思います。オキナグサ、センニンソウなどと同じような発想ですね。
葉や花はあまりにも高いところにあるので、詳細な観察は難しいです。
エフ・エム
2012/08/31 09:45
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/09/09 12:46
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/09/28 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
日比谷公園のオキナヤシ  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる