道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜イングリッシュガーデン:秋のバラたち(1)

<<   作成日時 : 2012/11/06 22:21   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 23

ウェブリへの書き込みが数日にわたってできませんでした。少し遅くなってしまいましたが、前回に引き続き、横浜イングリッシュガーデンで撮った写真を並べます。今回は主役のバラたちです。

画像


秋に咲いているのは四季咲きのバラで、春には春の草花と会話し、秋には秋の草花と戯れる幸福なバラたちです。秋に咲く花は、勢いのよい春の花と比べるとおとなしい感じですが、コスモスなど、秋の草花と程よく調和して、美しい花園を作り出しています。

バラの育種家、河合伸志氏がこの庭園のデザインディレクションを担当されたとのことで、この庭園には600ものバラの品種が植えられているそうです。ですから、写真に収めたものはそのごく一部です。バラにはそれぞれ名札が付いているので、品種名が分かります。名札に記載された項目やネット上の販売カタログ、手元のバラ図鑑などで、それぞれの系統、育成者、発表の年代などを調べてみました。

調べてみたところ、ここのバラは比較的新しい品種が多いことが分かりました。イングリッシュガーデンという言葉の響きには、イギリスの庭園の伝統的な古めかしさを感じるのですが、横浜に誕生したイングリッシュガーデンには、イギリス庭園のすがたをとりながらも、むしろ軽快で新鮮な美を感じさせます。古い品種も一部使われていますが、新しい品種が多く使われていることは、この庭にそんな印象を与える隠れた要素になっているのではないかと感じました。

画像

ベルベティ・トワイライト (Velvety twilight) フロリバンダ 2010 河合伸志 日本



画像

ムンステッド・ウッド (Munstead Wood) イングリッシュローズ イギリス 2007 David Austin

イングリッシュローズとは、Austinによって育成された品種をとくにそうよぶのだそうです



画像

ベル・デスピヌーズ (Belle d'Espinouse) シュラブ 2005 フランス Dominique Massad

シュラブは半つる性のバラ



画像

アイスバーグ (Iceberg) フロリバンダ 1958 R. Kordes (Robin Hood X Virgo) ドイツ

よく見かける白バラです



画像

ホワイト・キャット (White Cat) ハイブリッドティローズ 1984 小林森治



画像

淡雪 (Awayuki)  シュラブ 1990 鈴木省三

清楚で可憐なバラです



画像

チャールズ・レニー・マッキントッシュ (Chales Rennie Mackintosh) イングリッシュローズ 1988 David Austin イギリス



画像

シルバー・シャドウズ (Silver Shadows) ハイブリッドティローズ 1984 Griffis Buck USA



画像

エンジェル・フェイス (Angel Face) フロリバンダ 1968 H.C.Swim & O.L.Weeks アメリカ



画像

アイズ・フォー・ユー (Eyes for You) フロリバンダ 2009 Peter J. James イギリス



画像

志野 (Shino) フロリバンダ 2005 河合伸志



画像

シスター・エリザベス (Sister Elizabeth) イングリッシュローズ 2006 David Austin イギリス 




画像

ブラッシング・アイスバーグ (Blushing Iceberg) フロリバンダ 2012 秋葉伸之&河合伸志 



画像

たそがれ (Tasogare) フロリバンダ 1977 小林森治



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【期間限定情報】今が見頃!横浜イングリッシュガーデンの綺麗なバラ
昨日、横浜平沼橋にある横浜イングリッシュガーデンにバラを見に行ってきたのでご紹介したいと思います。 ...続きを見る
横浜ブログ
2016/05/22 22:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
バラも品種改良などで本当にたくさんの種類があり、さらに形に変化も増していてバラを見るのも飽きないくらいですね。

私も山間の耕作放棄地の一角をバラ園にする計画が何年か前からあるのですが、なかなか進んでおりません。
でもこうやってバラの数々を拝見すると、計画を進めたくなります。
松の陰
2012/11/06 22:44
こちらのバラ園でも秋のバラ祭りってやってますが春ほどは賑やかさはありませんね。
でも綺麗に咲いて癒してくれますね。
うるいのだんな
2012/11/07 08:33
淡雪って品種、素敵ですね。
小梨
2012/11/07 15:43
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
バラは成長が早いといっても木本には違いないので、育種も大変だろうと思いますが、無数にある古い品種を土台に、新しい品種がどんどんできてくるのには驚きます。やはり人を惹き付けるバラの魅力はすばらしいです。
松の陰さんの勢力的なお仕事にはいつも驚嘆させられます。バラ園の計画なんて、お聞きするだけでもわくわくします。
エフ・エム
2012/11/07 17:33
うるいのだんなさん、コメントありがとうございました。
RSKバラ園でしょうか。岡山滞在中何度か行きました。広くて素敵ですね。半田山植物園にもよく行きました。傾斜の前面がバラですね。
春のバラは春らしく賑やかで、秋のバラは秋らしく落ち着いた感じ。どちらも好きです。
エフ・エム
2012/11/07 17:49
バラは避けてきましたので全く判りませんが、1・2枚目のようにボタンやシャクヤクに近いものから、淡雪のようなシンプルなものまで本当に多種多様ですね。
育てるだけでもたいへんですのにどんどん新品種が現れるのに驚くばかりです。
夕菅
2012/11/08 00:31
秋薔薇は春と同じ種類なお筈なのに
気のせいか、シックな色合いに見えるのは・・・不思議ですね。
薔薇の品種が増えて牡丹と見まがうものもありますね。
あっこちゃん
2012/11/08 21:31
形も色も様々、次々と展覧会の絵を観るようで見飽きませんね
品種改良や、花壇の手入れなど、苦労が偲ばれます
淡雪、これがバラと言う感じ
アイズ・フォー・ユー、その名の通り蠱惑的
また、見慣れた形だけど、結構新しい品種だったりするんですね
自分の一番好きなのは・・・迷いますが、ホワイト・キャットかな
花弁のカール具合が優雅ですね
T&M
2012/11/09 16:16
小梨さん、コメントありがとうございました。
淡雪はバラ育種の第一人者鈴木省三氏の作ですが、さすがですね。
エフ・エム
2012/11/09 18:21
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 21:55
翠弘舎さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 21:57
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 21:58
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 21:58
夕菅さん、コメントありがとうございました。
バラの栽培は中国でも日本でも西洋でも古い時代から行われていたわけですから、形態や色合いは実に多様ですね。それぞれ個性と魅力をもっている。
バラに熱中する人の気持が分かるような気がします。
エフ・エム
2012/11/09 22:18
totoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 22:19
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
ほんとうに同じバラでも春と夏では雰囲気がかなり違いますね。そこもまた四季咲きバラのおもしろさでしょうか。
たしかに牡丹みたいな花もありますね。ダリアもおもしろいですよ。バラみ見紛うダリアもありました。
エフ・エム
2012/11/09 22:28
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 22:30
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
それほど大きな植物園ではないですが、これだけ色彩豊かに花を配置し、管理するのは大変なことと思いました。ましてバラは手がかかるでしょうね。
新しい品種にもクラシックなものとモダンなものがありますね。ホワイトキャット、きれいでした。名前もいいですね。ホワイトドッグじゃちょっとね。
エフ・エム
2012/11/09 22:39
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/09 22:42
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 19:38
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 19:52
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/27 08:30
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/27 08:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜イングリッシュガーデン:秋のバラたち(1) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる