道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS オオイヌノフグリのこと

<<   作成日時 : 2013/03/14 22:54   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 30

オオイヌノフグリのことは何度か記事にしましたが、まだ野の花の少ない季節にはこの花をとりあげることになります。すでに1月末ごろから咲いていますが、今は花が大きくなって、群がり咲く美しさは、この季節が一番です。

牧野博士の「牧野富太郎植物記1 野の花1(あかね書房)」にオオイヌノフグリについての記述があります。それによると、オオイヌノフグリは早春いち早く咲き、花は小さいながら美しさで人々の目をうばうとあり、その美しさを大いに認めています。

この植物は帰化植物で、日本に渡ってきたのは明治のはじめといわれているが、牧野博士がこの花をはじめて見たのは明治17年。上野公園で採集したそうです。それ以来、この植物は急速に増え、ほとんど全国に広がって最も普通の草になってしまいました。

牧野博士はこの花の虫媒花としての見事な構造について詳しく書いておりますが、それは省略。イヌノフグリという名の由来についても少し述べています。

「イヌノフグリの仲間の実は、二子山のように二つにくびれていて二つの乳房が並んでいるように見えます。乳房ならほほえましいといえますが、むかしの人はこれを雄犬のまたのあいだに見えるフグリにみたててイヌノフグリという名をあたえたのです。フグリとはむかしのことばで○○○○のことです。こうして、この草に妙な名がつけられてしまったのです。イヌノフグリとはつまり犬の○○○○のことです」(牧野先生は○○○○をキ何とかとはっきりと書いています)。

「こういう名前は一度おぼえたら忘れがたいものです。イヌノフグリ、おおいにけっこうです」

「昭和のはじめごろでしたか、ある学者がイヌノフグリという名は教育上けしからんといって、この草の名をハタケクワガタに変えようといいだしましたが、ついに変えることはできませんでした・・・・ものの名前というものは、そうむやみに変えてよいはずのものでなく、よほど特別の理由でもないかぎり、昔からのよび名を尊重すべきだと思います」。

英語では、イヌノフグリの仲間をspeedwellと言います。オオイヌノフグリはbird-eye speedwell、Persian speedwell などと呼ばれています。

Speedwellの語源をネットで調べてみましたが、意味不明らしく、なかなか見当たりませんでした。でもただ一つ、それらしい語源を示唆したページがみつかりました。

eFieldGuide.com (http://efieldguide.com/wildflowers/guide/)

「Speedwellという名の由来は不明であるが、これらの植物の医薬としての価値(健康の早期回復を促す)、この植物の広がる速さに由来するなどの説がある」と述べられています。前者の説から、「これらの花は、旅人にとってよい前兆」と信じられているそうです。

オオイヌノフグリはあまりにも広く世界中に広まっていて、原産地ははっきりしないようですが、GRINデータベースには、おそらく西南アジア起源とあります。学名はVeronica persica Poir. ですが、persica つまりペルシャは原産地を意味するものと思われます。

Veronica はイヌノフグリの仲間を含むクワガタソウ属の学名です。Veronica という名はイエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘に向かう途中、ヴェールを差し出してイエスの汗をぬぐったという聖ヴェロニカに由来するものか、17世紀に生きたイタリアの聖女ヴェロニカ・ジュリアーニに由来するものか、あるいは命名者リンネの知る女性にヴェロニカという名の人がいたのか、いろいろ想像はできますが、いずれにせよイヌノフグリとは対照的な優しいひびきです。

東日本大震災のあと2年が過ぎました。被災地にも今はこの可憐な、しかし逞しい生命力をもつヴェロニカたちは大地にしっかりと根を下ろしているでしょう。「花は咲く」の合唱が聞こえるようです。

画像

画像

画像


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
mikomaiさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/15 09:53
最後の写真で花の可憐さがよく判ります
これが群生してるとは、今の時期、さぞ見応えあるでしょうね
イヌノフグリという名前、古語なので自分はあまり抵抗はないです
犬の○○○○だと、やはり驚きますが・・・
ネットで実の写真を見ましたが、産毛が生えていてなるほどと妙に納得してしまいました
T&M
2013/03/15 12:08
こんばんは
小さいながら、その生命力の強さは驚きですね。
この花の姿が、普通に見られるようになって、まだ100年ほどでしょうか。
それ以前の春の景色は、どうだったのか気になりますね。
YAKUMA
2013/03/15 21:52
オオイヌノフグリと牧野博士とのお話、面白く微笑ましく拝読しました。
早春の道端でこの花の群生を見つけるといつも感激します。
最後の画像、4花ともクワガタがきれいに写っていますね。
こういう写真はなかなか撮れません。
オオイヌノフグリやタンポポ、スミレ、レンゲソウなどを一面に植えた公園があったらいいなと思います。
夕菅
2013/03/16 13:47
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/16 14:17
totoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/16 14:18
daoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/16 14:19
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
春らしくなっても、まだ花が少なく、枯草が目立つ野原ですが、オオイヌノフグリは今を盛りと咲いていて、いやでも目につきます。
フグリといっても、犬の、ですから可愛い感じです。昔の人はセンス?があります。
実は見て知っていますが、産毛が生えているとは知りませんでした。実ができたら、是非観察しなくては。
エフ・エム
2013/03/16 14:54
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
帰化植物のオオイヌノフグリやヒメオドリコソウがない野原は今では想像も難しいですね。ホトケノザの天下だったのでしょうか。
エフ・エム
2013/03/16 14:56
夕菅さん、コメントありがとうございました。
牧野先生はきっとユーモアのある人だったのでしょう。読みながら、書きながら、笑ってしまいました。「イヌノフグリ、おおいにけっこう」。さすがにハキダメギクやワルナスビの名付け親です。
野草園というのは、野草を少しずつちまちま植えてあるところが多いですが、きれいな野草をぱ〜っと広げた公園はあってもいいですね。
エフ・エム
2013/03/16 14:57
オオイヌフグリの語源のお話。
ヘェ・へェ・ヘェっと笑いながら納得しながら拝読しました。
今年はオオイヌフグリを見るたびに”くすっ”と思わず笑ってしまいそうです。
この小さな花は写真に撮ると中々上手に撮れなくって苦労します。
群生しているところを上手に撮ってみたいオオイヌフグリです。
あっこちゃん
2013/03/16 21:39
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/17 16:51
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/17 16:53
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
文章を引用しただけですが、笑っていただけるのはやはり牧野先生のおかげです。ほんとにおかしいですね。
昔わが家で飼っていた柴犬にはやはりフグリが見えました。可愛いですよね。この花をみるとあれを思い出します。
オオイヌノフグリの写真を撮るには、やはりこの季節が最善だと思います。
エフ・エム
2013/03/17 17:03
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/17 17:05
こんばんは!
昔から「オオイヌノフグリ」が咲くと春が近いと思いました。
春告花のひとつですね。
まだ 風がつめたくて、野原に花がないときに オオイヌノフグリを見つけて嬉しくなったものでした。
可愛らしい花に似合わない名前ですが、幸か不幸か一度聞いたら忘れない名前ということは本当ですね。
私には 土手一面に咲くオオイヌノフグリの花を摘みながら友との別れの時を過ごした青春の花です。
生駒の風
2013/03/18 20:30
オオイヌフグリも外来・帰化植物だったのですか!
日本の野草だとばかりに思っていたら自然界は様変わりしているのですね。
在来植物が絶えてしまって、帰化植物が繫殖するという理屈は難だろう。日本古来の植物が外国で繁殖しているのだろうかなど、妙なことを思ってしまいます。
Tatehiko
2013/03/19 21:32
こんにちは。自分の方はお休み状態ですが…。オオイヌノフグリはこちらでも盛んに咲いています。この青い花弁がとてもきれいです。昨日も授業で野外観察したときに、生徒と一緒に見ました。タチイヌノフグリも控え目に咲いていましたよ。
宮城野
2013/03/20 04:58
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/20 08:21
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
2月の初め頃、そろそろオオイヌノフグリが咲いているような予感がして、野に出て見ると、そのとおり咲いている。北風の中に咲く花はとりわけ美しいと思います。
在来種のイヌノフグリの花はオオイヌノフグリの花よりずっと目立たず、実の方に目がとまって、こんな名が付いてしまったのでしょう。オオイヌノフグリが最初にあれば、また別の名がついていただろうと思いました
エフ・エム
2013/03/20 08:33
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/20 08:34
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
日本の環境に最も適応しているはずの在来種が外来種に競争で負けてしまうことは不思議ですね。明治以降、外国からどんどん野生種が入ってきて、野の植物の生態系はかなり変わってしまったようです。
日本の在来種が国外に出て行って、当地では困り者になっているという例もけっこうあります。クズ、イタドリ、スイカズラなど。このことも一度記事にしてみようと思っています。
エフ・エム
2013/03/20 08:46
宮城野さん、コメントありがとうございました。
この季節、オオイヌノフグリは野外観察で先ず目につく花ですね。昨日も散歩で群生をしばらく眺めていました。ミツバチやハナアブもきていました。虫に花粉を運ばせる巧みな花の仕掛けもおもしろいです。
タチイヌノフグリも咲いていますか。探してみます。
エフ・エム
2013/03/20 08:56
野草に興味を持つようになって、オオイヌノフグリの名前を知りましたが、知らない野草ファンは潜りだと思っています。(笑)
ハキダメやシリヌグイなど凄い言葉の横行する野草界ですから、驚くことはないですね。^^
普通に散歩をしている方たちに『可愛い花ね、なんていう名前?』と聞かれることが多くです。
パンジーやストック等子供のころ知らなかった花が今は優勢ですが、自生している野草が一番安らぎを感じます。
とんとん
2013/03/20 16:25
オオイヌノフグリは帰化植物だけあってどこにでも生える草ですし、畑の雑草でもありますが、小さい花でもこの色の美しさからか、嫌われ者という印象は余りありませんね。
もちろん畑では雑草の一つとして抜いているのですが、この花が咲くと春を感じますのでむしろ楽しみにしているくらいです。
人間の勝手ですが、見た目の美しさは得なんでしょうね(笑)
松の陰
2013/03/22 08:57
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/22 10:40
とんとんさん、コメントありがとうございました。
「なんていう名前?」、説明のしがいがある名前です。聞いた人もきっとわすれないでしょう。
「犬の・・・」ですから可愛いもんです。近頃小型犬が多いので、ますます可愛いですね。
もっとひどい名前はけっこうあります。バアソブとかジイソブとか。
タネツケバナやヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ありふれた雑草ですが、群生しているときれいですね。写真はむつかしいですが。
エフ・エム
2013/03/22 10:57
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/03/22 10:58
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
オオイヌノフグリは増殖力抜群ですから畑雑草としてはやはり困りものでしょうね。でも運良く畑のへりに残されている群れは肥料が効いているせいで、花も大きく、その美しさは見事です。
外来植物は憎まれるものが多いですが、この花は外来種でもかえって好きな人が多いようですね。それはそれとして、在来種イヌノフグリも復活させたいものです。
エフ・エム
2013/03/22 11:11
翠弘舎さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/04/22 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオイヌノフグリのこと 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる