道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒヨドリジョウゴのつる:葉柄で支える

<<   作成日時 : 2013/10/12 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 25

一口につる植物といっても、支持体をよじ登る方法にはいくつかの型があります。茎自体巻付き型(フジ、アサガオなど)、卷きひげ型(カラスウリ、ヘチマなど)、付着根型(キズタ、ツタウルシなど)、寄りかかり型(棘などで支持する:イチミカワ、アカネなど)の4つの型が一般的です(生物学辞典 東京化学同人)。

でも、ナス科のつる植物、ヒヨドリジョウゴ(Solanum lyratum Thunb.)の方法は上の4型とは異なります。茎を伸ばしながら、葉柄がところどころで支持体に絡み付くのです。

先日、林のへりに花を咲かせているヒヨドリジョウゴを見つけたので、支持体に絡み付いている葉柄の様子を写真に撮りました。

画像

画像

ヒヨドリジョウゴは花盛り



画像

支持体に絡み付く葉柄



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、おはようございます。
動かぬものを英語でvegetableというときがありますね。日本でも植物状態などと言う。けれど、蔓性植物は、動くとしか言いようがないですね。

私も長い間vegetableでしたが、ようやく蔓性植物くらいに触手を伸ばし始めました。今日は先生が住まわれる守谷市に隣接する坂東市に「取材」旅行しようと思っています。國王神社、です。

Mnemo
2013/10/13 11:17
Mnemoさん、コメントありがとうございました。
たしかにつる植物は動きを感じますね。上へ上へ急いで、少しでも光合成を有利に行おうとする努力を感じます。そのための道具を工夫しているのが面白いです。
国王神社は将門終焉の地に建てられた将門を祀る神社なのですね。「トーホグマン」、拝読しております。
エフ・エム
2013/10/13 16:59
エフ・エム様
ご無沙汰しています。お元気になられたようで安心しました。
自分のほうは、夏休みが終わって休眠状態ですが、機会をみて再開します。忙しくて写真も撮れていないんですけれどね。ヒヨドリジョウゴは小さい花ですが、まさにナス科という花ですよね。ワルナスビやイヌホオズキもそうですが、ナス科の花は意外に好きかもしれません。
宮城野
2013/10/14 08:07
エフ・エム さん おはようございます。
我が家の庭にも、茎を伸ばしながら、葉柄を
巻きつけている、クレマチス、伸び放題の
ナス科のヤマホロシ、こうして蔓の右巻き
左巻き、葉柄の絡みつく様子を観察すると
面白いですね。
ツユヒメ
2013/10/14 08:28
宮城野さん、コメントありがとうございました。
ヒヨドリジョウゴの花は小振りですがきれいですね。
イヌホウズキもブログに出したいと思って、出会うごとに写真を撮っているのですが、案外難しいのです。たくさん生えている植物ですから、そのうちに何とかしたいと思っています。
私もナス科は好きです。トマト、タバコは現役時代に使っていた実験材料の一つでした。
エフ・エム
2013/10/14 11:43
ツユヒメさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
つる植物にはいろいろな方法でつるを支持していますね。このところ、それらの観察にはまっています。
こんどは、キズタのような、付着根をつくる植物も、よく観察してみようと思っています。
エフ・エム
2013/10/14 11:58
蔓性植物は支持の仕方でこんなふうに5つに分類できるのですね。今までこんな発想をしたことはなく、はっとさせられました。
そういえばアサガオとキュウリは違いますし、キズタには足跡が残ります。
ヒヨドリジョウゴは残念ながらまだ庭に生えてくれません。
今日撮ったスズメウリには卷きひげが目立っていました。
これからは蔓性植物を見るとき何で支持しているのか注意してみます。
夕菅
2013/10/14 18:40
夕菅さん、コメントありがとうございました。
ネタ不足とスランプで苦し紛れにつる植物の卷き方でも記事にしてみようと書き始めたのですが、それがきっかけで、いろいろなつる植物を調べてみようという気になりました。
ネットでつる植物の画像を調べても、花や実や葉の写真が多く、つるの卷き方や支持の仕方のついての画像はごく少ないですね。
そんな写真を示すのも多少は意味があることかなと思って、記事に添付している次第です。
エフ・エム
2013/10/14 19:49
葉柄が支持体に絡み付く・・・読んだだけではイメージが湧きませんでしたが、写真を見てなるほど
腕組みをするように葉柄を曲げて絡みつく・・・ちょっと強引ですが上手い効率的な方法ですね
その割に花は可愛いです
T&M
2013/10/15 22:28
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/16 08:18
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/16 08:19
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヒヨドリジョウゴが葉柄を支持体に絡み付かせて伸びて行くという記載はネット上にも見つかるのですが、それを示すような写真はあまりなさそうです。ちょうどよい場所が見つかってよかったです。
エフ・エム
2013/10/16 08:26
台風26号、大風と大雨で千葉に大接近しましたが
大丈夫でしたか?  お見舞い申し上げます。
ツユヒメ
2013/10/16 11:40
こんにちは!
エフ・エムさんのところは台風の被害はございませんでしたか?
伊豆大島はたいへんな被害のようですね。

ヒヨドリジョウゴの花は小さくて可愛い花ですよね。
小さくてもちゃんとナスの仲間ということが分かりますね。
私は晩秋に赤い実をみつけると嬉しいです。
毎年、カラスウリでクリスマスリースをつくるのが楽しみなものですから よく散歩しているのですが、今年は収穫が少なくて寂しいです。
ヤマブドウやサクキの実が宝石のように美しく、心がときめきます。
生駒の風
2013/10/16 12:48
ツル性のクレマチスもこの巻きつきかたでしょか?
以前近所に黄色い実のヒヨドリジョウゴがあったのですが、採集する前に刈り取られてしまいました。
ミセスサニー
2013/10/16 21:56
龍さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/16 22:17
松の陰さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/16 22:20
ツユヒメさん、ありがとうございます。
今日の朝方は雨戸を叩き付けるような激しい風雨でしたが、無事でした。ほっとしております。
伊豆大島では亡くなった方も多く、心が痛みます。
エフ・エム
2013/10/16 22:28
生駒の風さん、ありがとうございます。
台風がこちらを目指してやってくるので、心配しましたが、わが家は無事でした。伊豆大島の被害、心が痛みます。
ヒヨドリジョウゴの花はたしかに小さくて、踊っているようで、可愛いですね。かなり花が咲いていましたから、赤い実を見るのが楽しみです。
もうガマズミの実がきれいに色づいていました。いろいろな木の実が見られて、楽しみな季節になりましたね。
エフ・エム
2013/10/16 22:40
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/16 22:41
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
まだいろいろつる草がありますが、クレマチスもセンニンソウも卷き方を観察していません。なんであれ、つる植物に出会うたびに調べてみようと思っています。
黄色い実のヒヨドリジョウゴって見たことがありません。おもしろいですね。
エフ・エム
2013/10/16 22:51
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/17 09:32
龍さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/24 08:04
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/10/24 08:06
目黒のおじいちゃん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2013/12/02 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒヨドリジョウゴのつる:葉柄で支える  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる