道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS フクジュソウに因んで

<<   作成日時 : 2014/03/09 09:19   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 19

庭のフクジュソウが咲きました。わが家に春の到来を告げる花です。

画像


フクジュソウのわが国における分布や栽培の記録については、2012年3月11日の記事の中で述べていまが、今日の記事はその続きのようなことを書いてみます。

フクジュソウは日本人好みの植物で、江戸時代には栽培が盛んになり、200以上の品種が作られたそうです。しかし今はその50品種ほどが残されているばかり。そのうち市販されている大部分のものは「福寿海」という品種で、丸弁の黄色半八重咲きの早咲きのものです(柳宗民「カラー新書 日本の花」 ちくま新書)。上の写真もたぶん「福寿海」。

もう昔々のことになりますが、私が英国に滞在していた頃、ある植物学の先生が、日本の「Fukujukai」という植物を知っているかと私に言い、すばらしい植物だと絶賛していました。私は知らないと答えましたが、気になる名になりました。帰国後それが「福寿海」であること、そしてこの品種が国外でもよく栽培されていることを知りました。今も、「Adonis」と「 Fukujukai」をキーワードとして検索すれば、この植物に関する多くの海外の記事に出会います。

福寿海という品種の起源についてのオリジナルな文献を見つけることができないので、はっきりしたことは言えないのですが、フクジュソウ (Adonis ramosa Franch. ) とミチノクフクジュソウ (A. multiflora Nishikawa et Koji Ito) との間の雑種で、3倍体のため不稔であるというような記事を目にします。Adonisの仲間は、日本では4種の野生種が知られています。上記2種のほか、キタミフクジュソウ (A. amurensis Regel et Raddle) とシコクフクジュソウ (A. shikokuensis Nishikawa et Koji Ito) です。これらの分類と染色体数については、西川恒彦先生らの研究によるところが多いのですが、これもオリジナルな文献を読むことができなかったので、徳島県立博物館友の会会報第21号に掲載されている小川誠氏の記事を引用しておきます。それによるとフクジュソウの染色体数は 2n=32 で、他の3種は 2n=16。染色体数に違いがあっても、これら4つの野生種は、たがいによく似た黄色い花を咲かせます。

一方、ユーラシア大陸や北アフリカに広く分布する A.aestivalis L.(和名はナツザキフクジュソウ)や A. annua L. (アキザキフクジュソウ)は赤い花を咲かせます。これらの植物の種名やAdonisという属名はリンネが名付けたもので、ウェヌス(ヴィーナス、アフロディテ)に熱愛された美青年アドニスが巨大な野猪に襲われて死んだとき、流れた血から生じたという花を想像して命名したものと推測します。私自身はこれらの実物を見たことはないのですが、写真を見ると、たしかに赤い血に染まったような鮮やかさです。

しかし神話の中では、青年アドニスの血から生じたのはアドニス属の植物ではなくて、アネモネです。ローマの詩人オウィディウス(紀元前43〜後18年)の「変身物語」によれば、悲しみの女神ウェヌスがアドニスの流した血に神酒(ネクタル)を注ぐと、血の中から同じ色の花が現れます。しかし、アネモス(風)が吹くとはかなく散ってしまう花なのです。アネモネはアネモスに由来する名です(オウィディウス「変身物語」中村善也訳 岩波文庫版より)。

ウェヌスとアドニスの物語は西洋美術の好材料になっています。マイ・フェボリット画家、ラファエル前派のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの一枚の絵「アドニスの目ざめ」にリンクしておきます。ウェヌスがアドニスを見初めて、彼を目ざめさせた瞬間でしょうか。眠りからさめたアドニスの周辺には、やはりアネモネらしい植物がたくさん咲いています。ウェヌスは神様ですから死にませんが、人間であるアドニスも生きている方が、やはりきれいな絵になります。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
フクジュソウ、よく繁っていますね。
たしかに突然「Fukujukai」といわれてもわかりませんね。
今夜は「アドニスの目ざめ」から『変身物語』を覗いてきました。神話といってもずいぶん生々しいですね。
ウォーターハウスという画家についても初めてでしたので、いろいろ驚きながらたくさん見せて頂きました。
夕菅
2014/03/10 00:28
フクジュソウにもいろいろな種類があるのを
はじめて知りました。
ナツザキ・アキザキの赤い花弁、アネモネと
良く似ていますね。
我が家の庭のアネモネは寒さで葉が萎縮して
いますが、中から小さな蕾が覗いています。
ツユヒメ
2014/03/10 08:30
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/10 09:16
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/10 09:17
夕菅さん、コメントありがとうございました。
英国人の多くの人が栽培植物に関する知識が広く、感心します。この先生は分類学者ではなく、植物細胞学の専門家でした。
ラファエル前派の画家たちは、神話や伝説を作品の題材とすることが多いですがウォーターハウスはことにその傾向が強いですね。このビーナスは神様らしくないところが気に入っています。
エフ・エム
2014/03/10 09:39
ツユヒメさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
野生のフクジュソウはまだ見たことがありません。一度出あってみたいものです。ミチノクフクジュソウとキタミフクジュソウは絶滅危惧種に指定されているようですが、保護が必要なのでしょうね。
ナツザキとアキザキは写真で見るとたしかにアネモネににていますね。神話ができた頃はアネモネもアドニスもみなアネモネということだったかも知れません。
エフ・エム
2014/03/10 10:01
福寿草、名前と色・形が古くから日本人の好みに合っていたんですね
英国でも知られていたのには驚きました
そう言えば、NHK BSで王立植物園の特集を見た記憶がありますが、歴史と規模の大きさに驚いた記憶があります
さもありなんですね
ジョン・ウィリアムの多数の絵を見させていただきました
題材に合った幻想的な色彩、構図ですね
T&M
2014/03/10 17:07
地面から花芽を出すフクジュソウはまさに妖精のようですね。
クロッカスもそうですが 雪の下から 地面を持ちあげるように芽を出し花を咲かせるフクジュソウに気持ちをよせるのは春の訪れを待ちわびる人たちには特別な花に思えるでしょうね。
江戸時代、盆栽として盛んに育てられたのもわかるような気がします。日本人好みの花ですね。
生駒の風
2014/03/10 21:27
福寿草といっても微妙に違っていて、我が家のは自生のものとは違うと感じていました。
フクジュカイという品種なのかもしれませんね。
ちょうど今咲いています。

神話と植物といえば、ナルシスの水仙トダフネの月桂樹くらいしか知りませんでしたが、アネモネも登場していたのですね。
とんとん
2014/03/10 22:43
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
英国人がこぞって植物好きなのには恐れ入ります。Kewはその象徴みたいな存在だと思います。プラントハンターは命がけで世界のあらゆる場所から植物を集めてきたようですね。
ウォーターハウスの絵は、1枚で物語全体を読み取れるような気がします。
エフ・エム
2014/03/11 08:45
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
赤花のナツザキやアキザキフクジュソウや黄花ですがセイヨウフクジュソウはユーラシア大陸に広く分布していますが、日本在来の4種の分布は東洋に限定されているようです。そのせいかいかにも東洋的な感じがします。さらに、フクジュソウのよさを見出して栽培化したのは日本人だけ。ちょっと誇らしい気になります。
エフ・エム
2014/03/11 09:06
龍さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/11 09:57
とんとんさん、コメントありがとうございました。
フクジュソウとクロッカス、ともに早春を告げる花ですが、そのすがたは和と洋ですね。今年の3月は例年にない寒さですが、光は強くなって、これらの草花たちもうれしそうです。
人が植物に変身する話は神話のなかにまだ2、3あります。またいつか引用してみたいと思います。
エフ・エム
2014/03/11 10:09
お庭に福寿草が咲いてくれるなんて、素敵ですね。
いち早く春の訪れを知ることが出来ますね。
あっこちゃん
2014/03/16 22:14
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/17 13:11
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
数年前に鉢に植えたものを買ってきて、地植えしたのですが、毎年花を咲かせてくれます。もっとたくさん増やしたいものです。春の到来を感じさせる花ですね。
エフ・エム
2014/03/17 13:15
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/20 09:11
翠弘舎さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/20 09:15
目黒のおじいちゃん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/03/28 10:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
フクジュソウに因んで 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる