アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
コスモスとオオハナアブ
コスモスとオオハナアブ 散歩道のコスモスの花にたくさんのオオハナアブが来ていましいた。オオハナアブはナミハナアブ、アシブトハナアブ、シマハナアブなどよりも、見かける機会は少ないと思っていましたが、この場所に咲いているコスモスには、他のハナアブの仲間は全く見当たらず、オオハナアブばかり。不思議なことに、100メートル余り離れた場所のコスモスの群れには、オオハナアブが全く来ていませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/10/25 20:04
キゴシハナアブに出会う
キゴシハナアブに出会う 散歩道のセイタカアワダチアソウの花にキゴシハナアブが来ていました。花の上の虫はこれまでずっと見てきたのですが、今まで見たことがありませんでした。このあたりでは珍しい種類だと思います。全国的には普通に生息するハナアブのようですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/17 16:26
今年もサクラタデ
今年もサクラタデ 昨年散歩道で見つけたサクラタデが今年も同じ場所にちゃんと咲いているか見に行きました。株数は増えているようには見えませんでしたが、花は咲いていることを確認しました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/11 17:45
タマムシのこと
タマムシのこと タマムシ(ヤマトタマムシ)は、日本では特に重要な意味を持つ昆虫です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/08 14:27
秋色 霧降高原
秋色 霧降高原 もうだいぶ前になりますが、8月19日に日光霧降高原に行きました。前日は「一寸先は霧で、何も見えない状態」だったそうですが、この日も天気はよろしくないとの予想が豈図らんや、快晴でした。その後、関東地方は曇りや雨続きでしたから、19日を選んだのは正解でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/30 19:33
トウキョウダルマガエルに出会う
トウキョウダルマガエルに出会う 珍しくも、水の溜まった側溝の中に、トウキョウダルマガエルを見つけました。そばに、脚の生えたおたまじゃくしや、もう少し成長したちび蛙もいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/30 20:54
サクラとモンシロチョウ
サクラとモンシロチョウ 近所の公園のソメイヨシノは7〜8分咲き(4月6日現在)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/04/06 20:43
今日のモンシロチョウ
今日のモンシロチョウ 1週間以上、曇や雨の日が続きました。昨日は土砂降り。ところが今朝目覚めてみると、雲一つない快晴でした(3月15日)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/15 17:12
イギリスにおける「ニューフォレストゼミ・プロジェクト」について
ネット上のBBCニュースに“The search for Briten's only native species of cicada" (2 December 2015) という興味ある記事を見つけましたので、概要を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/30 16:47
ナンテンのこと
ナンテンのこと ナンテン (Nandina domestica Thunb.) は中国原産のメギ科の植物で、中国から薬用として伝来したと考えられているようです。中国では南天竹とよび、和名のナンテン(南天)は南天竹に由来します。もともと観賞用または薬用の栽培植物ですが、野生化して、帰化植物になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/24 14:02
カナムグラのこと
カナムグラのこと 季節外れになりましたが、秋に花が咲き、晩秋〜初冬に実が熟すカナムグラについて書いてみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/12/17 10:01
土色のイナゴ
土色のイナゴ 普通のイナゴ(コバネイナゴ)はこんな感じですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/13 20:11
コカマキリの腕自慢
コカマキリの腕自慢 見栄えのしないカマキリだって? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/10/03 09:31
ヒガンバナとナガサキアゲハ
ヒガンバナとナガサキアゲハ ヒガンバナはその名と通り、彼岸の最中に満開になるように見えます。夏が猛暑であっても冷夏であっても、きちんと彼岸の時期に花を合わせるのはほんとに不思議です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/09/24 10:35
アジサイの季節
アジサイの季節 今はアジサイの季節、アジサイの名所には行っておりませんが、近所を散歩するといろいろなアジサイに出会えて、美しい花を楽しむことができます。今はいろいろな品種があって、どれもみな違って個性があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 9

2015/06/17 19:39
春進む
春進む 今日は彼岸の入り、昨日、今日と暖かい日が続いています。3月半ば、少し近所を歩いてみました。2月下旬に寒風に吹きさらされながら、縮じこまっていた草花も勢いを増し、枯れ野を緑に変えています。ありふれた花々ですが、散歩道で春の到来を感じさせるものをいくつか撮りましたので、写真を並べておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/03/18 10:18
寒風の中での草花の散策
寒風の中での草花の散策 2月中旬、北風の吹く中を少々震えながら、春の常連がもう咲いているか、見に行きました。寒いながらも輝き始めた2月の光を感じてか、気早やに咲き始めた野の花を見ることができました。でも、どの花も寒さで縮こまっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/02/22 10:15
ガガイモの花・実・種子
ガガイモの花・実・種子 ガガイモ (Metplexis japonica (Thunb.) Makino) は地下茎をもつキョウチクトウ科多年生つる植物で、イモとついていますが、イモはつくらないようです。分布は北海道、本州、四国、九州と朝鮮半島および中国。ガガイモの名の由来ははっきりしませんが、カガミイモという名が転じたという説があるようです(週刊朝日百科「植物の世界」)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/12/27 09:30
アシの話
アシの話 以前、「晩秋の思い出:風に光るヨシの穂」として、ヨシ、すなわちアシのことを少し書きました。 http://michikusanojikan.at.webry.info/200911/article_5.html ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/11/21 19:22
エノキグサを忘れないで
エノキグサを忘れないで 畑や道ばたにあまりにも普通なエノキグサ。普通種なのにさっぱり目立たない植物なので、まだ一度もブログに登場させたことがありませんでした。ブログネタもほとんど見つからないこの頃、何かないかと探しているうちに、エノキグサが目にとまりました。そうだ、これがあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 13

2014/10/20 08:31
守谷市「マインブルグの小径」にアカボシゴマダラ現る
守谷市「マインブルグの小径」にアカボシゴマダラ現る マインブルグはドイツのバイエルン州にある守谷市の姉妹都市の一つで、平成2年11月に守谷市との姉妹都市締結がなされました。守谷市の面積は35.63平方キロメートルに対してマインブルグ市は61.7平方キロメートルと2倍近くありますが、人口は守谷市約6万4千人に対してマインブルグ約1万3千人ですから、マインブルグは守谷の2割ほど。ビールの原料となるホップ栽培を産業とする人々のゆったりした生活が想像できます。ここのホップは品質が世界一で、守谷市にあるアサヒビール茨城工場でもここのホップが使用されているそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 9

2014/10/08 16:44
スズメウリの花
スズメウリの花 スズメウリの実の写真と記事は、2008年9月29日に載せています。あれからもう6年も経ってしまいましたが、その後もほとんど毎年、秋になるとこのような実を見ます。しかし、これまで花を見かけることはありませんでした。あまり小さな地味な花なので、咲いていても気が付かなかったのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/09/09 21:32
キタキチョウの群れと夏型のギンイチモンジセセリ
キタキチョウの群れと夏型のギンイチモンジセセリ あの猛暑だった先日までが、ここ茨城県南ではまるでうそのような涼しさです。ちょっとあの猛暑がなつかしい気がするほどです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 15

2014/08/28 22:11
鳥の糞じゃなかった
鳥の糞じゃなかった 猛暑が続いて、頭がぼ〜っとしています。気がついたら7月18日以来、ブログを書いていません。毎年のことですが、真夏はどうやらスランプの季節です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/08/13 05:39
梅雨の晴間に;ムクロジの花など
梅雨の晴間に;ムクロジの花など うっとうしい日が続き、部屋に込もる日が多いですが、一応元気です。記事にするようなネタもありませんが、少し間があいてしまいましたので、梅雨の晴間に、散歩道で写した写真を並べておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 19

2014/07/05 22:38
続・初夏の散歩;イボタノキからアジサイまで
続・初夏の散歩;イボタノキからアジサイまで 前回の続きです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/06/16 21:25
わが町にも現れたアカボシゴマダラ
わが町にも現れたアカボシゴマダラ 散歩道の路上で初めてアカボシゴマダラを見付けました。ついにわが町にも現れたかという感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 1 / コメント 20

2014/05/17 23:18
道ばたのヨモギ
道ばたのヨモギ 昨日(3月27日)は雨の一日でしたが、今日は晴れて、霞立つうららかな日になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 21

2014/03/28 22:53
「イモムシ・ケムシ」小パレード
「イモムシ・ケムシ」小パレード このところ毎年、冬のネタ不足の時期に、『「イモムシ・ケムシ」オンパレード』などというタイトルで、前年撮った芋虫や毛虫の写真をブログに載せていました。13/3/2、12/1/9・1/12、11/1/4、10/1/11ところが昨年はイモムシ・ケムシに出会う機会が少なくて、写真も僅かしかなく、今年は「オンパレード」のアップは止めようかと思っていました。けれどもやっぱり途切れてしまうのは残念ですし、残しておくとモゾモゾするので、今回はタイトルを『「イモムシ・ケムシ」小パレード』として2013年分をアップ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/02/20 13:26
続 きのこ・きのこ
続 きのこ・きのこ 前回の続きです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 22

2013/12/28 09:00
きのこ・きのこ
きのこ・きのこ 宮沢賢治の童話「どんぐりと山猫」よりの抜粋。 『・・・・・ 一郎がまた少し行きますと、一本のぶなの木のしたに、たくさんの白いきのこが、どってこどってこと、変な楽隊をやってゐました。 一郎はからだをかがめて、 「おい、きのこ、やまねこが、ここを通らなかったかい。」 とききました。するときのこは、 『やまねこなら、けさはやく、馬車で南の方へ飛んで行きましたよ。」とこたへました。一郎は首をひねりました。 「みなみならあっちの山のなかだ。をかしいな。まあもすこし行ってみよう。きのこ、ありが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 15

2013/12/19 09:16
ホソヘリカメムシに関するトピックス
ホソヘリカメムシに関するトピックス 前回の記事に写真を載せたホソヘリカメムシのことですが、この虫は大豆の主な害虫の一つで、殺虫剤による防除の対象になっています。この虫はまた、昆虫と細菌との共生に関する基礎および応用研究に利用され、その点では貴重な昆虫といえます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/10/27 08:22
シリアゲムシの「顔」とコスカシバ
シリアゲムシの「顔」とコスカシバ またしばらくブログを休んでしまいました。元気ですが、ネタ不足です。今日はおよそ一ヶ月前の写真を引っぱり出してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 17

2013/10/23 10:10
路上にクスサン
路上にクスサン 北海道紋別では、大型の蛾「クスサン」が大量に発生したというニュースをネット上に見つけました。いるところにはいるものですね。 http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=17039 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 22

2013/10/06 09:49
フジは左巻き(前回の訂正)
フジは左巻き(前回の訂正) 前回の記事にフジ(ノダフジ)は右巻きと書きましたが、左巻きの間違いでした。ヤマフジは右巻きです。先ほど、記事の訂正を行いました。うっかりミス、申し訳ありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/10/03 14:49
左巻き・右巻き;ヘクソカズラはどっち巻き?
左巻き・右巻き;ヘクソカズラはどっち巻き? 訂正: 最初、フジのつるの卷き方を右巻きと書いてしまいましたが、左巻きの間違いでしたので訂正いたしました。間違いましたことをお詫びいたします。(10月3日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 20

2013/09/30 21:19
葛(クズ)の話
葛(クズ)の話 種子植物の中で、草本は木本と比べると、概して背の低いもの、すなわち草丈の短いものが多いのですが、中には中高木に匹敵するような高くなるものもあります。以前の記事に載せたセリ科のジャイアント・ホグウィードは草丈4メートルを越すとあり、またキングバナナ (Musa minor Nakai)は5mを越すものがあるのだそうです。でも、それらをしのぐ長大な草本はクズ (Pueraria montana (Lour.) Merr. var. lobata (Willd) Maesen & S. M. Alme... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 33

2013/07/29 23:36
鴨川辺りの散歩
鴨川辺りの散歩 京都を訪れる機会があり、ちょっと暇を見つけて鴨川辺りを散歩して見ました。この季節ですから暑さは当然ですが、木陰や橋の下は川風が吹き抜けて、意外と涼しく感じました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 30

2013/07/12 19:58
イスノキの虫嬰
イスノキの虫嬰 イスノキ (Distylium racemosum Sieb. et Zucc.) は東アジア温帯から亜熱帯に分布するマンサク科の樹木です。イスノキの心材は堅く、建築材や器具材、楽器材として利用価値が高く、また下に述べる虫嬰(ちゅうえい)すなわち虫こぶはタンニンを含み、染料として利用するなど有用な植物だそうです(週刊朝日百科「世界の植物」)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 29

2013/06/30 20:55
スイカズラ雑記
スイカズラ雑記 ・・・・・十九才の四月七日に。出家になして。谷中の東。七面(ななおもて)の明神の邊(ほとり)。心もすむべき。武蔵野の。月より外に友もなき。呉竹の奥ふかく。すいかづら。昼顔の。花踏にそめて。道を付く。・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 27

2013/06/06 10:10
ギンイチモンジセセリとミミナグサ
ギンイチモンジセセリとミミナグサ 5月6日のこと、例によってカメラと一緒にぶらぶら散歩していたところ、ギンイチモンジセセリが目の前を横切って草の葉にとまりました。すぐ飛んでどこかに行ってしまいましたが、一瞬のチャンスにそのすがたをカメラに納めることができました。残念ながら、何かとげにでも引っ掛けたのか、後翅の上部が切れていましたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 33

2013/05/21 16:59
ハナウドに因んで:怖い植物ジャイアントホグウィードのこと
ハナウドに因んで:怖い植物ジャイアントホグウィードのこと mnemoさんから、本記事の中の「ホグウッド(Hogwood)」はホグウィード(Hogweed)の間違いではないかとご指摘いただきました。確かにホグウィードが正しく、お詫びとともに訂正させていただきます。ご指摘ありがとうございました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 34

2013/05/16 09:41
二匹のベニシジミ
二匹のベニシジミ 若いのと、年取ったのと、対照的な二匹のベニシジミです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 29

2013/05/11 14:57
あのビオラ・ソロリア(アメリカスミレサイシン)の消息
あのビオラ・ソロリア(アメリカスミレサイシン)の消息 表題の意味が分からないと思いますが、2008年、すなわち5年前にビオラ・ソロリア (=アメリカスミレサイシン Viola sororia Willd.) を近所の野原で見つけ、記事にしたことがあります。 http://michikusanojikan.at.webry.info/200804/article_12.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 24

2013/04/16 22:18
2012年の芋虫毛虫オンパレード
2012年の芋虫毛虫オンパレード 一昨年と昨年に続き、今年もまた前年に出会った芋虫毛虫の写真を載せることにします。芋虫・毛虫は気持わるい、見るとぞっとするという方も多くいらっしゃると思いますが、画像をクリックしないで、さっと見過ごしていただければ幸いに存じます。(苦し紛れの弁) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 23

2013/03/02 23:23
ブログ「道草の時間」5周年に寄せて
ブログ「道草の時間」5周年に寄せて このブログの最初の記事「湯島の白梅」をUPしたのは、2008年2月24日です。今日は5周年記念日ということになります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 28

2013/02/24 08:19
バードケーキで小鳥を誘う
バードケーキで小鳥を誘う 先日、バードケーキを作って、小鳥がくるかどうか試してみました。バードケーキは小麦粉50グラム、ラード25グラム、白砂糖10グラムをこね合わせ、松ぼっくりのひだに詰め込んで、庭の梅の木のまたに紐で固定しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 35

2013/01/24 09:04
2012年の虫たち(9月):ウラギンシジミなど
2012年の虫たち(9月):ウラギンシジミなど 8月に引き続き、9月も厳しい残暑が続きましたが、お彼岸の頃には朝夕めっきり涼しくなったように記憶しております。9月の虫たちの写真を並べます。ぱっとしないかな? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 29

2013/01/19 09:47
2012年の虫たち(8月):ゴマダラチョウなど
2012年の虫たち(8月):ゴマダラチョウなど 昨年につづき、「虫たち」シリーズを続けます。寒の季節に猛暑の8月を思い浮かべつつ、元気だった虫たちの写真を並べます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 31

2013/01/14 09:00
2012年の虫たち(7月):コチャバネセセリなど
2012年の虫たち(7月):コチャバネセセリなど もう明日は大晦日。格別寒い歳末です。今はあの猛暑の夏がなつかしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 30

2012/12/30 08:32
2012年の虫たち(6月):カノコガほか
近頃は虫の写真を撮ることが楽しみになりました。生き生きと活動するすがたも魅力的ですが、昼間は草の間にひそんで、夜の活動のために満を持している蛾の様子も、被写体としておもしろいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 29

2012/12/25 14:01
2012年の虫たち(4〜5月):ギンイチモンジセセリなど
花の少なくなる季節まで、春から初冬までに撮った虫たちの写真を温存してきました。ただし、花に来訪する虫たちの画像はすでにブログに載せております (7/14, 7/20, 12/4, 12/10, 12/15)。それ以外の虫たちの画像を数回に分けて、これから載せてゆくつもりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 28

2012/12/20 09:02
イソギクの花と虫たち
前回の記事にビワの花にたくさんのミツバチやハナアブが来ていたことを述べましたが、同じ頃(12月上旬)もう一つ、虫たちをたくさん集めている花を路傍に見つけました。 歩道の端の植込みに植えられているイソギク (Chrysanthemum pacificum Nakai) の花です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 28

2012/12/15 13:42
ビワの花と虫たち
ビワ (Eriobotrya japonica (Thunb.) Lindl.) は、本州西部、四国、九州や中国四川省、台湾に原産するバラ科の常緑小高木ですが、栽培されているものはすべて中国由来の栽培品種だそうです。花期は11~12月。今頃が花盛りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 29

2012/12/10 11:37
花に来た虫たち(2012年後期)
7月中頃「花に来た虫たち(2012年前期)」(1)および(2)というタイトルで、道ばたや野原の花にきた昆虫たちの写真を載せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 31

2012/12/04 21:02
林の中のオブジェ:シロオニタケ
前回に続き、散歩道のきのこのすがたを楽しんできました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 37

2012/10/18 22:53
散歩の森のきのこたち
10月の野には花がいっぱい、森や林の底には、きのこがにょきにょき生えています。先日1時間半ほど散歩で、いろいろなきのこに出会いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 27

2012/10/12 17:47
八月、水田のほとり
ぎらぎら輝く真夏の太陽の下でも、緑の波とともに吹き渡る風は涼しい。そんな風を肌に感じながら、水田のほとりを散歩しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 33

2012/08/12 08:05
草いきれ
暑いですね。真昼の炎天下に散歩することは、熱中症に罹りやすい高齢者にとっては危険行為かもしれません。それでも真夏の草むらを写真に撮りたくて、予防のため、「お〜いお茶」を持参で散歩に出かけます。上の画像は真夏の「青空」と「草むら」、散歩道の暑さを表現したつもりですが、いかがでしょうか。それにしても、この草むらの草たちの逞しさには感嘆してしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 33

2012/08/05 08:06
5月・6月:取り残された画像
ブログの記事にはタイトルを考えて、そのテーマに合うような画像を選んで載せています。また、気に入った画像を選んで、テーマとタイトルを考えることもあります。ですから、どちらにもはまらない中途半端な画像が必然的に残されます。でも、「ゴミ箱」に捨てるのは気が引けます。どんな下手な画像にも「いのち」が写っていますから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 32

2012/07/25 17:08
花に来た虫たち(2012年前期)(2)
前回の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 1 / コメント 31

2012/07/20 12:46
花に来た虫たち(2012年前期)(1)
昆虫たちの中には花の蜜を吸って生活しているものがたくさんいます。一方植物はこれらの虫たちに花から花へ花粉を運ばせ、自身の繁殖の手伝いをさせています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 35

2012/07/14 16:58
ひらひらと昼飛ぶ蛾:ホシシャク(「ホシスジシロエダシャク」を訂正)
ツユヒメさんからいただいたコメントで、本記事の蛾が「ホシスジシロエダシャク」ではなく、「ホシシャク」であることを教えていただきました。とんだ間違いをしてしまいましたが、この蛾の生態に関しても示唆をいただき、ツユヒメさんには大変感謝しております。ありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 41

2012/07/02 18:05
ヘビイチゴの園
梅雨に入り、自然の散策も一休みしています。梅雨入り前に撮った画像を眺めていたら、「ヘビイチゴの園」をはじめ、ブログに残しておきたいものがいくつか見つかりました。下に並べておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 1 / コメント 38

2012/06/15 13:22
水田のほとりの準絶滅危惧種;コイヌガラシとカワヂシャ
入梅前の水田の風景は何とも言えぬ美しさです。整然と並ぶ苗の一筋一筋がこの風景を作り出す要素です。こんな風景は世界広しといえども、わが瑞穂の国でしか見られないでしょう。毎年この季節には、水田のほとりを散歩をします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 33

2012/06/09 14:53
イボタノキの花と虫たち
イボタノキに花が咲き始めました。このあたりの里山ではごく普通に見られます。さわやかな初夏とうっとうしい梅雨のはざまに咲く花で、ネズミモチの花と同様の、かなり強い匂いを発します。近頃の散歩ではこの木の花の下に立ち寄ることが多いのです。さまざまな昆虫の来訪を見るのが楽しみで。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 32

2012/05/31 15:29
今年も出会ったルリハナアブ
昨年、ルリハナアブを初めて見つけ、その美しさに感嘆して記事にしました(「きれいなハナアブ:ルリハナアブ」)。めったに出会うことができない虫かと思っていたところ、今年はこれまでに3匹プラス1カップルを見つけました。つまりこのあたりには普通に生息することが分かった次第です。何匹も見つけると、だんだんありがた味がなくなりますが、個体によって多少色合いに違いがあり、その美しさは鑑賞する価値があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 39

2012/05/26 16:59
小さな風景(春の草むら)
5月になりました。早くも初夏かと思わせる陽気です。春はもううしろに? 広辞苑で「行く春」を引いてみました。「暮れて行く春。過ぎて行く春。晩春。拾遺和歌集(春)『花もみな散りぬる宿は行く春の故郷とこそなりぬべらなれ』」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 44

2012/05/01 11:24
ムラサキサギゴケの色変異
以前、ムラサキサゴケの集団の中に、白地にほんのり紅いサギゴケを見つけて記事にしたことがあります (2008年4月27日)。あれからもう4年経ちました。そしてムラサキサギゴケが咲き乱れる季節がまたやってきました。あんな色のサギゴケをまた見つけることができるかと、あの時と同じ場所を探してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 40

2012/04/24 23:13
ナズナに寄せて
ナズナは別名ペンペングサと言い、広辞苑には「ペンペングサが生える」とは「家などが荒れ果てるさまをいう」とあり、一般には貧乏な生活を連想させるようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 36

2012/03/22 14:25
フクジュソウとともに
フクジュソウはキンポウゲ科の多年草で、わが国には北海道、本州、四国、九州に広く分布し、ロシア極東、朝鮮半島、中国の一部にも分布しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 34

2012/03/11 08:35
英国の植物園における日本の絶滅危惧植物種の保存
以前、mnemoさんから私のブログへのコメントで、BBCニュースの興味深い記事を紹介いただいたことがあります。 http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-15019834 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 36

2012/03/04 13:42
植物和名索引をリニューアル(2)木本編など
前回の草本に続き、ブログに載せた木本とシダ・キノコなどの名を整理し、索引を作り直しました。ついでに、野鳥名などの索引も同様に整理しました。木本、シダ・キノコ、野鳥などの索引は、右カラムからリンクさせております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 44

2012/02/13 16:11
昆虫名索引をリニューアル
本ブログには主に植物に関する記事を載せていますが、たまに昆虫のことも書いております。これまで百数十種ほどの昆虫の写真をのせました。昆虫の種の数は膨大で、これっぽちの種などほんの僅かなものに過ぎないのですが、これだけでも頭のなかではどの虫はどんな名前だったか、すでにかなり混乱しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 47

2012/01/31 16:46
2011年の虫たち(完)
「2011年の虫たち」の最終回は秋に出会った虫たちです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 30

2012/01/28 14:16
2011年の虫たち(3)
前回に続き、夏の始めから終わりにかけての虫たちです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 28

2012/01/23 20:11
2011年の虫たち(2)
前回の続き、初夏の虫たちです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 36

2012/01/19 18:12
2011年の虫たち(1)
昨年撮り貯めた写真の中に、イモムシ・ケムシのほかに、いろいろな虫たちのすがたがありました。そこで、今日からしばらくそれらの画像を季節を追って並べてみることにします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 30

2012/01/16 22:35
「イモムシ・ケムシ」オンパレード2011(2)
前回の続き、晩夏から初冬にかけてのイモムシ・ケムシです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 44

2012/01/12 20:20
「イモムシ・ケムシ」オンパレード2011(1)
一昨年と昨年の新年には、それぞれの年の前年に出会ったイモムシとケムシの写真を載せて記事をつくりました 。このように、「イモムシ・ケムシ」をせっかく2年間続けたので、今年もこれをしないと、一年が始まらないような気分です。昨年はそのつもりで写真をとり集めましたので、今回は2回に分けて載せることにしました。イモムシ・ケムシをお好きでない方には申し訳けありませんが、お付き合いいただけるとうれしいです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 40

2012/01/09 13:05
うっかり削除した記事の再現(樹幹上の惨劇)とそれに関する一言
2011年10月12日頃記事にした「樹幹上の惨劇」をうっかりミスで削除してしまいました。この記事が無くなってしまうのは、私にはとても残念なので、原稿が残っていないかとゴミ箱の中を探しましたら、不幸中の幸い、原稿が残っていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 39

2011/12/21 15:44
さようならアカトンボ
秋は足早に去り、やがて冬が来ます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 41

2011/11/09 21:20
路傍の花と虫たち
散歩道には、畑のへりに植えられた小菊が満開で、目を楽しませてくれます。菊や路傍に咲く花には、ハナアブ、ヒラタアブ、その他花好きの虫たちがたくさん来ています。虫たちが出演する小さな花の舞台を画像にしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 51

2011/11/05 17:20
アレチウリの花はスズメバチを呼ぶ
アレチウリ (Sicyos angulatus L.) は北米からやって来た厄介なウリ科雑草で、環境省により警戒すべき「特定外来生物」に指定されています。この植物についての説明は以前の記事にあります(悪名高いアレチウリ [2009.9.29])。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 39

2011/10/02 21:27
シソの花と訪問者
シソは私ども日本人にはおなじみの植物。アカジソやチリメンジソは、梅干しや漬物の色づけや味付けに使われ、アオジソ(大葉)は刺身、豆腐、そばなどに添えられ、またそのまま天ぷらにして食べられています。シソの実も食材として利用されます。たとえば、シソの実の塩漬けは、食欲増進に最適です。シソの実から精製されるシソ油は生体機能に重要な役割をもつα-リノレン酸を多く含んでいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 43

2011/09/23 19:06
ヤブガラシの花とヒメハラナガツチバチ
ヤブガラシ (Cayratia japonica (Thunb.) Gagnep.) は、ブドウ科の多年草で、種名にはjaponicaと付いていますが、アジアの温帯からインドネシアのような熱帯まで広く分布しています。日本では、北海道から沖縄まで分布しており、寒さにかなり強く、暑さにはたいへん強い植物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 53

2011/08/15 22:32
びっくりキノコ
市内の公園をぶらついていたら、びっくりするほど大きなキノコを見つけました。写真に示すように、大きな手捻りの器みたいな傘をつけています。大きさを調べるため、持っていた文庫本と一緒に写真を撮りました。家に帰って、写真をパソコンに取り込み、本の長さをもとに傘の直径を調べたところ、25センチ以上ありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 38

2011/08/09 21:34
久しぶりのアカスジキンカメ
また蒸暑い夏日が戻ってきました。家にじっとしていても、体に汗がにじんできます。どうせなら、暑いほど元気な虫たちを見に行こうと、散歩にでかけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 29

2011/08/05 21:28
散歩道の陽気な虫たち
このところ天候が不安定で、散歩の途中、ぽつぽつ降り出したら大急ぎで家に戻らないと大変です。広重の「東海道五十三次之内 庄野」を思わせるような篠突く雨に見舞われて、カメラごとずぶ濡れです。昨日も午後の散歩の途中で、一点俄にかき曇り、大粒の雨が降り出したので、ほうほうの体で家についた途端、地面をたたきつける豪雨になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 38

2011/07/31 23:30
水田のほとりのイヌゴマ
21日の台風一過後の涼しさは今日も続いています。私も少し元気を取り戻しましたので、今日は田んぼの辺りを歩いてみました。そろそろミソハギが咲いているかと思ったのですが、それには少し早く、かわりに水田のほとりに点々と咲くイヌゴマ (Stachys aspera Michx. var. hispidula (Regel) Vorosch) の花がきれいでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 37

2011/07/23 21:01
なでしこ優勝、野原は金色
なでしこジャパン、ワールドカップ制覇、おめでとう。野原が金色に輝いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 39

2011/07/18 10:00
ゴーヤの花とマルハナバチ
ゴーヤ(ニガウリ)のグリーンカーテンが直射日光のリビングへの侵入を防いでくれています。そのゴーヤの花に、このところほとんど毎朝、マルハナバチがやって来ます。花から花へ、すべての花をまんべんなく訪問します。おかげで、雌花は大方結実しているようです。マルハナバチに感謝しなければなりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 49

2011/07/12 16:25
7月始めに出会ったもの:ナガメ、ヒメギス、ゴボウの花
暑いですね。熱中症予防のため「道草の時間」も短縮せざるを得ません。水分補給のため、「伊右衛門」を飲みつつカメラに収めたものは、熱中症とは縁遠い元気な虫たち。「わが世の夏」を謳歌していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 43

2011/07/06 22:52
きれいなハナアブ:ルリハナアブ
晴れれば猛烈な暑さ、降れば土砂降りで、ずっと家に閉じこもりきりでしたが、今日は蒸暑くても、比較的気温が低く、久しぶりに散歩しました。今日撮った画像は後日載せるとしまして、今日は6月中旬に撮ったルリバナアブの画像を載せます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 1 / コメント 36

2011/07/02 19:54
ヨシの葉とテントウムシとアマガエル
数日前の散歩で、水路沿いのヨシの葉にたくさんのテントウムシとアマガエルがいることに気付きました。よく見ると、葉にはアブラムシが群がっています。テントウムシが来るのは当然ですが、アマガエルもアブラムシを食べにきているのではないかと推測しました。実際に食べているところは目撃できませんでしたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 32

2011/06/28 09:08
庭に侵入したインベーダー:アワダチソウグンバイ
アワダチソウグンバイは北米原産の外来種です。日本では平成12年に西宮市ではじめて見つかり、それ以後、日本各地に広がっているようです。主としてセイタカアワダチソウにつく昆虫ですが、ブタクサ、オオブタクサなど他の野生のキク科植物にもつきます。さらに、キク科の栽培種(キク、アスター、ヒマワリ、ヒャクニチソウなど)のほか、サツマイモにも発生することが、この虫による被害を生じている各県からの報告によって知られています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 39

2011/06/20 20:45
ウコギの花への来訪者たち
ウコギの花への来訪者たちを観察していると、虫たちを呼び寄せる能力は、私たちが評価する花の美しさとはあまり関係がないことが分かる気がします。ウコギの花はユニークな姿ではありますが、鑑賞の対象になるような派手さはありません。ところが、この花にくる虫たちは数も多く、また多様です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 33

2011/06/13 14:08
ウノハナと来訪者たち
陰暦4月を卯月といい、十二支の卯の月、または苗植月の転ともいわれているようですが、うのはなづきともいうそうです。また、「卯月の花」といえば、ウツギ ( Deutzia crenata Sieb.et Zucc.) の花、すなわちウノハナのこととあります(広辞苑)。旧暦4月は新暦でいうと今年は5月3日〜6月1日ですから、卯月はもう終わっていますが、ウノハナは引き続き咲いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 35

2011/06/08 20:50
パーソナルフォトギャラリー:5月
パーソナルフォトギャラリーなんて大げさなタイトルを付けましたが、5月に撮って、ブログに使っていない写真を並べただけです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 26

2011/06/03 21:08
イモカタバミにセイヨウミツバチが一匹
イモカタバミ (Oxalis articulata Savigny) は、南アメリカ原産のカタバミ科の多年草で、花の中心部が濃い紅紫色なのが特徴です。通常花壇に栽培されていますが、帰化植物として自生しているものもよく見かけます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 37

2011/05/30 20:25
ハルジオンの花への訪問者たち
昨年の7月10日の記事は、「ヒメジョオンの花への訪問者たち」でした。正確に他の雑草と比較したわけではありませんが、ヒメジョオンの花にやって来る虫はかなり多いように思いました。とくにヒラタアブや小さなハチの仲間が目立っていたように記憶しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 44

2011/05/23 20:04
ノスリが舞う
昨日の散歩で、春らしく柔らかな光の中、里山の美しい鷹、ノスリの飛翔を見ることができました。頭上を数回旋回したのち、どこかに消え去って行きました。悠々とした鷹の飛翔を見るたび感激しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 47

2011/03/06 13:45
イナゴとバッタ (2010) および飛蝗のこと
秋の散歩道にはイナゴが数多くいて、農道の草むらからぴょんぴょん跳びだします。そしててんでに近くの草につかまり、茎のうしろにかくれてしまいます。たいへん臆病な虫ですが、昔は(今でも少しは)捕まえられて、佃煮にされてしまった歴史があるので、臆病になるのもやむを得ないかも知れません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 37

2011/03/01 11:41
早春賦
春は名のみの風の寒さや。  谷の鶯 歌は思へど 時にあらずと 声も立てず。  時にあらずと 声も立てず。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 35

2011/02/15 00:42
「散歩」とは
広辞苑には「散歩」とは「気晴らしや健康のために、ぶらぶら歩くこと」とあります。そして「散策」と同意語になっています。しかし、小学館の類語例解辞典には、「『散歩』は家の近所などを気晴らしや軽い運動のために歩き回ること」、「『散策』は回りの風景や雰囲気などを楽しみながらのんびり歩くこと」と意味の使い分けを述べています。そして、共通する意味として、「特別の目的をもたずに、ゆっくりと歩き回ること」とあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 40

2011/02/11 10:26
陽気な甲虫たち (2010)
昨年出会った甲虫たちの一部、花写真のついでに撮ったものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 38

2011/02/05 00:28
ぶんぶんぶん はちがとぶ (2010)
相変わらずのネタ不足で、何かないかと昨年撮った写真を眺めていたら、いくつかハチの写真が出て来ましたので、それらを載せることにしました。アブの写真を1月10日の記事に載せており、「虻蜂取らず」という諺もありますので、ハチの写真を載せておけば、虻蜂を撮ったということで、バランスがとれます。(自分でもよく分からないことを言っている。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 41

2011/01/29 22:02
気まぐれ年表
以前から、例えばダーウィンの進化論やメンデルの遺伝の法則が世に出された頃、日本ではどんな人物が何をしていたのかなど、考えることがありました。このところ寒くて外出する気になりませんので、つれづれなるままに、そんなことを調べてみようと思いました。調べ始めると興に乗って、思いつくままに国内外の生物学(主として植物学)上の主要な出来事と歴史上の(私にとっては)興味ある出来事を年代順に書き連ねていったところ、下に示すごった煮のような年表ができました。何の役にも立たぬものとは思いますが、ほかにブログネタも不... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 46

2011/01/24 23:36
思い出の蝶と蛾 (2010) およびナガサキアゲハのこと
昨年出会った蝶と蛾です。写真はほとんど植物を撮ることに専念しているので、昆虫は目の前に現れたものだけを撮っており、花や葉にくる虻、蠅、蜂、小さな甲虫などが多くなる傾向があります。蝶も花にくる虫ですが、ベニシジミなど、のんびりしたシジミチョウ類やモンシロチョウは別として、他は大抵カメラを構える前に、視界から消えてしまいます。そういう訳で、見られるような写真は残念ながらほとんどありませんが、蛾の写真とともにいくつか載せておきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 39

2011/01/20 15:04
野原のアブ、アブ、アブ、ハエ (2010)
野の花々を写真に撮っていると、いちばん目につきやすい昆虫はハナアブや蜜を吸うアブたちです。また、ハエの仲間もときどき見かけます。そこで、昨年はアブやハエを見つけたときには、花のついでにそれらもなるべく撮ることにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 44

2011/01/10 15:58
思い出のイモムシ、ケムシ (2010) と「虫愛づる姫君」のこと
昨年の1月11日に「思い出のイモムシ、ケムシ」というタイトルで、その前年に出会ったイモムシ、ケムシの生々しい写真を載せました。こんなのを載せたら、今後アクセスががた落ちになるかもしれないといささか心配でしたが、訪問して下さった方も多く、暖かいコメントもいただいたので、今年も図にのって、昨年出会った思い出のイモムシとケムシの写真を載せることとしました。ポチッとして下さるとありがたいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 1 / コメント 41

2011/01/04 17:05
草紅葉を追って
紅葉するのは木ばかりでなく、草にも紅葉するものがあります。野原や田のへりに草紅葉を探索してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 32

2010/11/15 14:28
行く秋を惜しむ:アゲラタムとヒラタアブ
わが家の小さな庭で、行く秋を惜しむように咲いているアゲラタムの花に、ホソヒラタアブが来ていました。夏や初秋と違って緩慢な動き、たぶん老齢のヒラタアブ。アゲラタムの花をいとおしむように、長い間去りやらずに、ここで晩秋のおだやかな陽光を浴びていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 35

2010/11/09 15:58
ヤブガラシの花の上のジガバチ
前回のブログのあと、体をこわしてしまい、通院して、自宅で安静という状況でした。でもなんとか回復してきたようです。そんなわけで、ブログが滞っておりますが、体調がちゃんと回復するまでは、なおしばらくお休みします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 33

2010/07/29 15:32
オオブタクサとブタクサハムシ
以前「半端じゃないオオブタクサ」(2008年9月1日)という記事を載せたことがあります。3〜4メートルの高さまで茂ったオオブタクサの群生が、雑草のキングのように他の雑草を圧倒している様子に、こちらも圧倒されて眺めていた記憶があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 30

2010/07/20 13:00
ヒメジョオンの花への訪問者たち
梅雨の晴れ間は猛暑。散歩はしばらく休んでいます。野の草たちはどうしているでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 19

2010/07/17 08:58
カブトムシの匂いのするキノコ?
散歩道脇の傾斜地に、きれいな紅色のキノコを見つけました。最初ドクベニタケと思ったのですが、帰って図鑑を調べると、ドクベニタケは傘の柄が白い。このキノコは柄も紅いのです。ニオイコベニタケというのが、このキノコによく似ています。その記述の中に、「全体にカブトムシに似た匂いがある」とありました(本郷次雄ほか「検索入門きのこ図鑑」保育社)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 21

2010/07/07 16:26
ミチヤナギの花とヒラタアブ
もう道ばたにはミチヤナギの花が咲いています。目立たない花ですが、これから秋まで花を見ることができます。花はとても小さく、やって来る虫も小さい。ヒラタアブの仲間が、盛んにやって来ます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 23

2010/06/27 11:54
ヒメジョオンとハルジオンのこと
寒くて雨模様の日が続いています。私はまだ冬眠中です。前回、猛烈なセイヨウタンポポのことを書きましたので、ついでに外来植物としてやはり猛威を振るっているヒメジョオン (Erigeron annuus (L.) Pers.) とハルジオン (Erigeron philadelphicus L.) のことを少し述べて見ようと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 18

2010/02/14 22:51
セイヨウタンポポの戦略
このところ、ずっと冬眠中なので、散歩ブログのネタがありません。そこで、1月末に撮ったセイヨウタンポポのように見えるタンポポの写真をネタに、この変わった植物について述べてみます。「のように見える」という理由はあとで分かります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 20

2010/02/09 13:59
冬漫歩
このところ寒いので、家で冬眠です。ちゃんとブログにするような話もありませんので、近頃の散歩で気まぐれに撮った写真を羅列して、お茶を濁すことにします。題して冬漫歩。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/02/03 21:14
寒風の小貝川
1月19日から21日まで、20日をピークに春のような陽気でしたが、昨日22日からまた大寒らしい真冬に戻りました。19日には、小貝川は霞のかかったような、のんびりした流れでした。北風吹き渡る小貝川はまた違った表情を見せてくれるでしょう。そこで昨日(22日)、オーバーのえりを立てて、再び川面にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/01/23 15:50
思い出のイモムシ、ケムシ (2009)
気持がわるいからといって、ムシできない派手な装い。これもまた、自然が作り出した美かもしれません。去年出会った愛しのイモムシ、ケムシたち。今は蛹でしょうか、それとも、次代を残して、世を去っているでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 11

2010/01/11 17:11
冬枯れの散歩道
野山はすっかり冬枯れの景色になりました。快晴。草深い守谷の里を歩いているとあまり寒さを感じません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 19

2009/12/27 09:36
初冬のハハコグサ
今年初めて気がついたのですが、もう冬も間近なのに、田んぼの畦にハハコグサ(Gnaphalium affine D. Don) が元気に咲いています。図鑑などを見ると、ハハコグサの花期は4月〜6月などと書いてありますが、秋から初冬にも咲くようです。むしろこの季節は、畦には花がほとんどなくなるので、白っぽい緑の茎葉の上に咲いた黄色の花がよく目立っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 25

2009/12/08 20:12
小春日の散歩
小春日和、歩いていると汗ばむような温かさです。カメラをぶらさげて、どこに行くとも目的のないぶらぶら歩き。被写体になるような、これという植物も見つからないので、たいした目標も定めず、パチパチ、シャッターを切ってみました。というわけで、きまぐれ写真を並べてみます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/12/06 22:59
おはよう、ホオジロ君
散歩道で雄のホオジロに出会いました。初冬の穏やかな朝の日を浴びて、のんびりしている様子。カメラを向けても逃げません。今はチッチと鳴くだけ。恋の季節はまだまだ遠い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/12/01 16:33
カシラダカがやってきた
散歩道をはさむ葦の原は、今何十羽ものカシラダカがチッ、チッと元気に飛び回っています。散歩道を進むたびに、ばさばさ、ばさばさと一群れづつとびあがります。そんな群を撮りたいと思うのですが、枯れた葦のしげみに隠れてしまうとどうにもなりません。葦の原に生えた一本の木に1羽だけとまりました。これだけをなんとか撮ることができました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 15

2009/11/21 17:56
最初は歓迎、今は要注意:シナダレスズメガヤ
北村四郎博士の「すすり泣く恋の草」と題した随筆があります(昭和45年京都新聞に掲載。北村四郎選集 I(保育社)から引用)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/10/08 17:54
二匹のキアゲハ
昨日の散歩で、二匹のキアゲハに出会いました。以下、写真で。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/08/04 20:55
湿地や水田の小さなカヤツリグサ:テンツキ、メアゼテンツキ、ヒデリコ
カヤツリグサの季節がきました。湿地や水田のへりに小さなカヤツリグサの仲間が生えています。テンツキ (Fimbristylis dichitoma (L.) Vahl var. tentsuki T. Koyama) 、メアゼテンツキ (Fimbristylis velata R. Br.) 、ヒデリコ (Fimbristylis miliacea (L.) Vahl) などです。これらはいずれもテンツキ属の植物、紛らわしい種があって、同定に苦労します。植物体の一部を採って帰り、それらの特徴を実体... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/07/29 20:33
イヌビエとケイヌビエ
イヌビエ (Echinochloa crus-galli (L.) Beauv.) は湿った場所に非常に多いイネ科植物です。その上、イネと一緒に水田に入り込み、イネよりさきに実をつけるという性質をもっています。今がちょうど穂を出し、花を咲かせる時期です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/07/27 20:05
教えて、モンキチョウ
道草の時間の小さなエピソードです。突然二匹のモンキチョウが現れました。とっさにファインダーを覗きました。いつもフォーカスも絞りも露出もマニュアルで撮っているので、オートにする余裕がありません。その時の設定で、手動でフォーカスを合わせながら、2匹のチョウを追いつつ、何回かシャッターを押しました。家に帰って画像をパソコンに取り込んでみましたら、やはりほとんどぼけていました。でも二匹の仲のよさ、写真のぼけは大目に見ていただくことにして、記事にすることにしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 17

2009/07/25 23:04
アロエも雑草の仲間入り
昨日は雨もあがり、さほど暑くなく、1時間ほどの散歩を楽しみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/07/06 19:30
カニツリグサの芒
イネ科植物は、その実に芒のある種類が多く、その中のある種では、地上に落ちた実が濡れたり乾いたりすることによって、芒が動き、その力で種子が地上を移動して行くものがあります。このことに関して、カラスムギ(6月6日)と野生コムギ(6月16日)について述べました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/06/18 15:44
イネ科の芒(のぎ)は何のため?
6月6日のブログ記事「カラスムギ、別の名はチャヒキ」の中で、カラスムギの実の芒は、湿らせるとくるくるとまわることを紹介しました。地面に落ちたカラスムギの実は、この芒の回転(湿り)と逆回転(乾き)の運動によって、地上を動き回り、さらに土にもぐりこむ可能性について述べました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 11

2009/06/16 11:59
カラスムギ、別の名はチャヒキ
今の季節、路傍のカラスムギは、熟した実が黒く乾いて、ぱらぱらと地面に脱落しています。実が落ちたあとの穂には苞頴しか残りません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/06/06 20:18
散歩で出会った動物たち;変なヒバリ、ハクビシンほか
ヒバリは空中を飛翔しながら、ピーチクピーチクさえずる鳥とばかり思っていましたが、なんと土手のフェンスに止まって、ピーチクピーチク。理由を聞いたら、飛ぶのがめんどう、だって。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/05/13 13:07
どれもヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ (Lamium purpureum L.)は、育つ場所によって、葉のかたちや色がいろいろです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/12 20:15
不忍池の水鳥たち
冬から春、上野の不忍池に立ち寄ることがよくあります。水鳥たちを眺めるためです。昨日も東京に出たついでに、ここに寄ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/03/29 21:48
サクラとコブシとヒヨドリ
近所の公園では、コブシはそろそろ散り始めました。ソメイヨシノの開花はまだですが、いくつかの早咲きのサクラが咲いています。この公園は、四季を通じて、ヒヨドリがピーピーと賑やかです。公園での道草で見たものは、サクラの花にやってきた甘党のヒヨドリ。サクラの蜜が好きなようです。一方、コブシにとまったヒヨドリは、花びらをついばんでいました。蜜を吸ったり、花びらを食べたりしている間だけは、静かです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/03/27 19:48
ツピー、ツピー
春本番、シジュウカラに恋の季節がやってきました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/03/16 23:19
コゲラコツコツ
散歩の途中でコゲラに出会いました。私のカメラに気がつかないらしく、一生懸命木をつついていました。コツ、コツ、コツ、コツ・・・・。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/03/08 13:58
富士遠望
このところ、ずっと雨や曇の日が続いていたのですが、昨日3月2日は久しぶりの快晴でした。ちょうど、神奈川県の大山の麓の町(家内の里ですが)に滞在していて、遠方に雪を冠った富士山の際立った姿を見ることができました。コンパクトカメラしか持参していなかったので、思うような写真を撮れませんでしたが、富士を見た日を記念して、今日のブログは「富士遠望」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/03/03 21:41
泥田のハクセキレイ
ハクセキレイは以前、北海道や東北で繁殖する鳥だったが、20世紀後半頃から南下を始め、現在では近畿地方や西日本でも繁殖をするようになったのだそうです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/02/25 09:25
早春のモズ
ヨシの生えた池のほとりです。このあたりにはよく、モズが姿をあらわすのですが、なかなか写真が撮れませんでした。今回はしばらくじっとしていてくれたので、幸いでした。季節はずれの感がありますが、今日は「早春のモズ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/22 17:35
早春の利根川;新大利根橋より
新大利根橋は、千葉県柏市と茨城県取手市を結ぶ橋で、橋上の有料道路脇の歩道兼自転車道は無料です。この橋の上からの利根川と川岸の風景です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/10 21:56
早春の鬼怒川下流
私が在住の守谷市は、利根川、鬼怒川および小貝川の3つの大きな川に囲まれています。小貝川については、1月13日のブログに載せています。今日は鬼怒川下流の風景です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/05 20:24
電線の上の鳥たち
林間の木々や草原だけでなく、町なかの電線や鉄塔を走る送電線も鳥たちの休憩所です。どんな鳥たちが電線に止まっているか、カメラ片手に、電線を見上げての散歩でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/28 18:36
早春のきざし;フキノトウとハナアブ
まだ寒が明けていませんが、わが家の庭の片隅にフキノトウを見つけました。 近くの歩道脇のカンツバキには、ハナアブが一匹飛び回っていました。 早春のきざしを見つけたひと時でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/26 14:18
雨の日はメジロ
晴天続きから一転、昨日は曇り、今日は雨です。今日の散歩はちょっと無理。それならば、近所にすむメジロを呼び寄せて撮ってやろうと、朝食で食べたリンゴの芯を庭のウメの短い枝に刺しました。やがてメジロがやってきたので、窓辺に置いたカメラで窓ガラス越しにショットしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2009/01/22 18:02
冬のスズメ
この季節、スズメは非繁殖期で、大勢集まって竹やぶや大木などにすんでいます。日中は草むらにでて、草のたねなど食べているようです。広辞苑で「雀」をひくと、二番目の意味は「おしゃべりする人」とありますが、確かにご本家のスズメはチュンチュクチュンチュクと賑やかです。こんなに仲良くしているのに、繁殖期には、つがいになって、縄張りを作って、互いに敵対関係になるらしいです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/01/20 12:05
枯木も楽し
広辞苑で「枯木」をひくと、「枯れた木、また、落葉した樹木」とあります。ここでの枯木は、もちろん「落葉した樹木」のことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/01/17 21:09
カワセミに出会う
よく晴れて乾燥した日が続いています。散歩の途中で貯水池のフェンスに止まっているカワセミを見つけました。逃げるな、逃げるなと念じ、ショットしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/15 22:03
小貝川の岸辺より
久しぶりに水田のあたりを散歩しましたが、さすがに撮るべき植物はありません。行き着いたところが小貝川のほとりでした。ここから、約40キロ離れた筑波山が少しかすんで見えました。今日は風景写真にしておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/01/13 21:34
センダングサ;ひっつきむしの正体
冬枯れの野を散歩すると、枯れているのに、空に向かってしぶとく突っ立っているセンダングサに出会います。枯れる前にひっつきむしをたくさん生産したのですが、こんなに上の方に実をかかげていては、人にも犬にもひっつく可能性はゼロに等しい。風によって種子をまき散らすというのも、もう一つの種子伝搬の戦術なのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/15 19:39
ヤマハゼの紅葉
ハゼやウルシなどウルシ科植物の紅葉はたいへん美しいものです。このあたりでは、それらの植物はさほど多くはありませんが、たまに出会うと、その美しさに見とれます。写真のものは、葉の側脈の数、葉のかたち、葉に細毛のあるところから、ヤマハゼ (Rhus sylvestris Sieb. et Zucc.) と考えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/11/03 20:31
道ばたのバショウ
荒れ地の中の道をぶらぶら歩いていたら、バショウ (Musa basjoo Sieb. et Zucc.) に出会いました。バショウはよく、庭や公園で見かけるのですが、野生のように生えているのはめずらしいので、写真に収めました。亜熱帯のバショウに比べれば小さい方ですが、この場所ではずいぶん大きく見えます。土地が荒れ地になる前に植えられたものか、自生したものかは分かりませんが、栽培されている様子は全くありません。生い茂ったクズがバショウにからみついています。 バショウはバショウ科の代表種で、中国原... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/29 23:03
田の縁を彩る; アメリカセンダングサ、イヌタデ、チョウジタデ、キクモ
雨上がりの田園を散歩しました。刈られたイネの株からは、緑の葉が新たに伸び出していますが、田の縁に咲く花は少なくなり、代って草たちの紅葉が目を引きます。こんな草たちをいくつか写してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/10/26 22:00
それぞれの紅葉;サクラ、アカザ、カキ、ハナミズキ
紅葉というのは、秋に気温が低下して、葉でつくられた糖の茎への移送が遮断され、葉に蓄積した糖からアントシアニンという色素が合成され、また葉緑素が分解して緑が消え、葉が赤く色づく現象です。葉緑素が分解しても、黄色い色素カロチノイドは分解されず、また、タンニンの重合物である褐色の色素も加わりますので、それらの色素の配合や分布によって、紅葉には色や模様にいろいろな変化が見られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/23 17:04
雑草の中のシロミノコムラサキ
散歩道の脇の湿地の草むらの中で、園芸種であるシロミノコムラサキ (Callicarpa dichotoma (Lour.) K. Koch var. albi-fructus Okuyama) が白い実をつけているのを見つけました。この植物は、多分どこかの庭から鳥が運んで来て、ここの草むらの中に落とした種から生えたのでしょう。庭にあれば上品な花木として大事にされるのでしょうが、この個体は雑草や虫の攻撃にさらされ、それでも成長して実をつけた健気な姿です。ここにしっかりと定着できるでしょうか。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/21 21:36
ウドの大木とスズメバチ
ウドの大木とスズメバチ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/09 23:37
あ、オオタカだ
昨日、散歩の途中で、1本の電柱のてっぺんに、大きな鳥がとまっているのを見つけました。大急ぎでカメラを向け、シャッターを押した直後、鳥は向こうの森の方に飛んで行ってしまいました。 家に帰って、写真を拡大して見たところ、・・・あ、オオタカだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/08/12 14:06

トップへ | みんなの「自然」ブログ

道草の時間 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる