続 きのこ・きのこ

前回の続きです。

画像

テングタケ(9/30)

きのこです



画像

画像

分からんタケ(その2)(10/3)

かどうかも分からんタケ



画像

画像

イボテングタケ

上(11/3); 下(11/5)
同一個体です
きのこです



画像

画像

ハチノスタケ(11/6)

食べられないらしい



画像

分からんタケ(その3)(11/6)

分かりそうで分からんタケ



画像

画像

画像

分からんタケ(その4)(11/6)

柄の下部の白毛(菌糸?)が気になる



ネット上に巨大なきのこをみつけました。かの有名な「レ・ミゼラブル」のヴィクトル・ユーゴーが画いたきのこの絵です。何を意図して画いたのかわかりませんが、不気味です。あの壮絶な物語を書いた文豪が予見したものは、未来の原爆の出現?
http://www.wikipaintings.org/en/victor-hugo/mushroom-1850

最後に、きのこ美の極致、エミール・ガレのヒトヨタケ (Inky cap) のランプはいかがでしょうか。
http://www.google.com/culturalinstitute/asset-viewer/inky-cap-lamp/5wGyHmFwMrSZdQ?projectId=art-project

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年12月29日 13:10
テングタケ、傘の模様が毒キノコの貫禄充分
ハチノスタケ、まさに蜂の巣
ヒトヨタケ、一晩で成長し溶けて終わってしまう儚さと命の力強さにガレは感銘を受け制作したそうですね
幻想的な光と、すっくと伸びたきのこの姿が両方のイメージを感じさせてくれますね
実物を観たいものです
とんとん
2013年12月29日 20:32
テングダケは見た目はメルヘンチックに見えますが、毒キノコなのですね。
こちらの7枚目のキノコはテングダケでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/muku765/archives/1069858.html#comments
とてもかわいかったので知らずに撮ったものです。

ランプはまるで本物みたい。
ランプに筒sまれていると、おとぎの国に迷い込んだような気持ちになってしまいそう。
2013年12月30日 09:42
totoさん、気持玉をありがとうございました。
2013年12月30日 09:43
龍さん、気持玉をありがとうございました。
2013年12月30日 09:51
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
今年撮ったきのこには毒きのこが多かったです。テングタケなどはいかにも毒きのこ然としているのでいいのですが、いかにも食べられそうな形をしているのはかえって不気味です。
ガレのヒトヨタケ、一度サントリー美術館に行って、見てみたいです。
2013年12月30日 10:08
とんとんさん、コメントありがとうございました。
清水公園のキノコの写真を拝見しました。傘の表面のいぼの様子から、ケングタケのようです。テングタケに酷似したきのこにイボテングタケとテングタケダマシがあり、同じような環境に生えますが、いぼのかたちとかたさなどで区別できるようです。
ヒトヨタケもこんなきれいな姿に造形してもらって、本望でしょう。
2013年12月30日 10:10
hideさん、気持玉をありがとうございました。
生駒の風
2013年12月30日 22:41
今年も残すところあと一日になりました。
ブログ更新ができなくて 長いこと休んでいました。
今年が終わりそうになって 慌ててまとめました。

キノコは魅力的ですね。
タマゴタケ、ベニテングダケがたくさん並んでいるところを見つけた時、絵本の中にはいったような気持ちになりました。
イボテングダケも素敵ですね。

どうぞよいお年をお迎えください。
2013年12月31日 09:43
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
1年経つのは早いこと、今日ははや、大晦日です。今年も災害の目立つ年でしたが、来年はおだやかであって欲しいものです。
奈良公園のイチョウの下の、鹿がとても可愛いですね。とてもいい画像でした。
今秋はきのこに魅力を感じました。来年はもっと魅力的な写真が撮れたらと思っています。
どうぞよいお年を。貴ブログを楽しみにしています。
Mnemo
2014年01月02日 00:28
二日となってしまいましたが、先生、今年もどうぞご健勝で、先生のご認識の世界を分ち与えくださいますように、心からお祈りし、お願いするものです。先生にとり2014年が平穏で、楽しいことが多い一年となりますように!
2014年01月03日 13:34
Mnemoさん、新年早々、嬉しいお言葉をありがとうございます。
今年も貴ブログから感動や刺激を受けて行きたいです。 私もゆっくり続けてゆくつもりです。 よろしくお願いいたします。
夕菅
2014年01月03日 22:46
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
キノコの鑑定はどれもたいへん難しいですね。
ガレのヒトヨタケが3体現存(サントリー美術館・北澤美術館・ナンシー派美術館(仏))し、83cmもあることも初めて知りました。
今年もまたいろいろお教えいただきたく、ご健勝をお祈りしています。
2014年01月04日 08:17
夕菅さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
きのこは体型が単純なだけ、かえって同定が難しいです。でも、名前が分からなくても、その魅力に惹き付けられます。
ガレのヒトヨタケは日本に2つもあるのですか。北澤美術館のガレのコレクションは一度見たいものです。行く機会があるといいのですが。
夕菅さんならでは見られないユニークで素敵なブログと写真を楽しみにしています。
2014年01月06日 18:08
明けましておめでとうございます。
今年も宜しく御願い致します。
何時も「なるほど!!!」と拝読させて頂いております。
取り上げられる対象は幸せですね。
今年も楽しみにしております。
2014年01月07日 08:15
龍さん、気持玉をありがとうございました。
2014年01月07日 08:17
松の陰さん、気持玉をありがとうございました。
2014年01月07日 08:46
suikoushiyaさん、明けましておめでとうございます。
コメントと気持玉をありがとうございました。
いつも拙ブログを見て下さって光栄に存じます。
貴ブログではすばらしいお仕事の一端を拝見し、感嘆しております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2014年01月07日 08:47
I子さん、気持玉をありがとうございました。
2014年01月08日 14:13
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
2014年01月08日 14:14
テッドさん、気持玉をありがとうございました。
2014年01月14日 08:59
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
2014年02月03日 08:55
小梨さん、気持玉をありがとうございました。

この記事へのトラックバック